Connect with us

Lifehacks

傷だらけのステンレスボトル|捨てずにピカピカに復活させることができる

環境への配慮から、マイボトルを持ち歩く人が増えた昨今。水を入れるためのウォーターボトルや保冷保温機能がついたステンレスボトル、コーヒーやホットドリンク用カップなど、様々なタイプのものを見かけるようになりました。

マイボトル

特にスリムタイプのステンレスボトルは保温力が高いため、夏は冷たい飲み物を、冬は暖かい飲み物を持ち運ぶのにとても便利。でも、長く使っているとボトルに傷が付いたり塗料が所々剥げ落ちてしまったり、とちょっと見た目が気になってきます。

そんな時、買い換える前にぜひ試して欲しいのが、ステンレスボトルの「塗料剥がし」。専用の塗料剥がし液を使うと、塗料が剥がれ元のステンレス地が姿を現し、まるで新品のように見た目がピカピカに復活するのです。

ピカピカ

この塗料剥がし液は、非塩素系のため匂いが気にならず、また自然に還元される成分から出来ているため家庭でも安心して使うことができます。また水で洗い流せるため、口につける水筒でも心配なく使えることがきます。

塗料剥がし

水筒の塗料の剥がし方はとても簡単。塗料を塗って約30分待つだけ。以下、手順を説明してきます。

<塗料の剥がし方>

①キッチンペーパーを敷いてその上に塗料を剥がしたい面が見えるようにステンレスボトルを置きます

②剥がしたい面にハケで液体を塗っていきます

③塗料が浮き上がってくるまで、5~30分ほど待ちます

塗料1

④浮き上がった塗料をキッチンペーパーやヘラなどで取り、水洗いしたら完成です

塗料2

出来上がると、ステンレスのシュッとした印象のシンプルなボトルに生まれかわります。

完成

手持ちのマイボトルの見た目が傷が目立ってちょっと古くなってきたかも…そんな方は買い替えではなく、こちらの方法を試してみてはどうでしょうか。新しいボトルを買うよりも安価で、そして捨てることもしないので、お財布にも地球にも優しい方法です。

また、ステンレスボトル内部の底や側面についた茶渋は、ボトル本体に重曹大さじ1程度を入れて、熱湯を注ぎ30分〜1時間ほどつけおきして洗い流すと綺麗にとることができます。汚れがしつこい場合はボトル用スポンジを使って、つけおきした後に少し擦ると綺麗にとることができます。

物を捨てることなく長く大切に使う方法を取り入れて、環境に優しい暮らしを実践していきたいですね。

プレビュー画像:©️Facebook/Noriko Ando, ©️Pinterest/katazukeshuno.com