残り物でもできる欲張りイタリアン!スパゲティとピザの合体レシピ

見た目はピザ。でもよく見たら生地がスパゲティ!今回ご紹介するのは、ボロネーゼスパゲティとピザを合体させたスパゲティピザです。スパゲティにパルメザンチーズを絡めたベースの上に、ピザの具をのせて焼く欲張りレシピ。このレシピではボロネーゼソースを手作りしますが、ミートソーススパゲッティの残り物を使えば簡単です。スパゲティとピザの大人気イタリアンを合体させるので、大人も子供も大喜びです。

材料:

スパゲティのベース:

  • 油 適量
  • パン粉 30g
  • スパゲティ 400g 茹でたもの
  • 卵 2個
  • パルメザンチーズ 50g
  • オリーブオイル 大さじ2

ボロネーゼソース:

  • ひき肉 250g 作例では牛
  • 玉ねぎ 半個
  • にんにく 1片
  • トマトソース 100ml
  • こしょう
  • タイム 1枝
  • ローズマリー 1枝

トッピング:

  • トマトソース 200ml
  • チェダーチーズ 75g
  • モッツァレラチーズ 125g
  • サラミ 約15枚

その他:

  • バジル

作り方:

1. スパゲティを塩を入れた湯で茹で、湯を切って粗熱を取ります。耐熱容器のパイ型(28センチ径)の内側に油を塗り、パン粉を振ります。

2. ボウルに冷ましたスパゲティを入れ、卵、パルメザンチーズ、オリーブオイルを加えてよく混ぜます。

3. ボロネーゼソース用のひき肉を細かく刻んだ玉ねぎとにんにくとともに油で炒めます。トマトソースを加えて煮詰め、塩こしょうで味を調整します。最後にタイムとローズマリーを加えて短く火を通して香りを引き出します。

4. パイ型にスパゲティの3分の1を入れ、端の1〜2センチを残してボロネーゼソースをのせます。

5. 残りのスパゲティをのせてボロネーゼソースに被せます。

6. 少し小さめの耐熱容器のパイ型(24センチ径)をスパゲティにの真ん中に押し付け、予熱した190 °Cのオーブン(対流式の場合)で15分焼きます。

7. スパゲティのベースの粗熱を取ったら、トマトソース、チェダーチーズ、モッツァレラチーズ、サラミをのせ、さらに200 °Cで15分焼きます。バジルの葉をのせて完成です。

これならピザ生地をいちいち買いに行く必要もありません。カリカリっとしたスパゲティの食感をお楽しみください。軽く焼けたパルメザンチーズの香ばしさが口の中に漂います。

おまけ映像のスパゲティとミートボールの串揚げのレシピもお楽しみください。

コメント

おすすめの記事