衣類の品質を劣化させる5つの要因

毎日退屈だと思っても、周りに目を凝らしてみると不思議なことはいっぱいあるもの。なぜ自分が並ぶレジの列は遅いのか、近所の猫はどうして必ずうちの庭でおしっこするのか、そしてTシャツに空いたこの穴は一体・・・?

 少なくともこの最後の疑問はここで解決させましょう。Tシャツやブラウスに現れる小さな穴の原因はほとんど以下の5つのいずれかです。

pint1

1. 摩擦

この穴の犯人は擦れが原因の場合が多いようです。ベルトのバックル、ボタン、リベット、ファスナーなどが引っかかったり当たる部分は常に摩擦が生じるので穴が空きやすくなってしまうのです。また、皿洗いのときなどに一定の場所がいつもシンクに当たっていると、身体の動きで擦れてしまいます。

pint1

2. 洗濯

ブラジャーをネットに入れずに洗濯するとホックの金具は他の衣類を傷めます。それからスボンのファスナーは上まで締めて洗濯機へ。普段洗濯しない人が洗濯すると起こりがちなことなので、家族やパートナーにも徹底してもらうようにしましょう。薄くデリケートな生地は特に傷みやすいので、分けて洗うのが一番です。

Our Daily Challenge - Zipper

3. 低品質

穴が開きやすいのは、デリケートな生地だけでなく、品質の低い生地もまた然り。繊維が細く、染色や漂白に強くて安い化学薬品を使っている大量生産品に多い生地は脆くなっています。品質の良い生地の場合、穴が空いたとしても修復ができますが、低品質の脆い生地は修復ができないケースが多いのも難点です。

低品質の生地の見分け方は、生地を両手で軽く引っ張ってみれば一目瞭然。通常は生地はしっかりとしたままですが、低品質のものには隙間ができて戻りません。

pint1

4. 洗濯機

ほとんどの場合は、一緒に洗濯する他の衣類のフックやファスナーなどとの摩擦が穴の原因ですが、金具や装飾のないTシャツなどだけで洗っているのにそれでも穴が空くという時は、洗濯機自体を疑ってもいいでしょう。洗濯槽の中に異物が挟まっていることもあるので点検してみましょう。

pint1

5. 蛾

もし何ヶ所も穴が空いていたら虫を疑った方がいいでしょう。引っ掛けや摩擦で一度に別々のところに穴が空くとは考えにくいからです。この衣類につくカツオブシ虫やイガは、家の中だけでなく、屋外も飛び回っています。外に干した洗濯物や、人にくっついて家の中に入ってきます。暗くて狭くて湿気があり、食べ物の繊維が豊富なタンスやクローゼットの中へと入っていきます。

もし虫食いを疑わざるを得ない自体が発生したら、衣類を全部出してタンスやクローゼットの中に掃除機をかけ、衣類を全部洗います。水に弱いので一度洗濯すれば服についている虫に関しては死滅します。

poss. Tineola bisselliella (NH266)

衣類は値段が安い高いに限らず、愛着のあるものは大切に長く着たいもの。特にお洗濯と害虫対策に気をつけていつもお気に入りの衣類で出かけましょう!

コメント

おすすめの記事