食べ物を使った科学実験のアイデア7選

台所にあるいつもの食べ物や飲み物で科学実験をしてみましょう。意外なところで便利かも!?キッチンでの作業が楽しくなること間違いなしです。自由研究ネタとしてもおすすめ。

1. 水の急速冷凍

急な来客などで、急ぎで飲み物を冷やさないといけない時ってありますよね?冷蔵庫や冷凍庫に入れても飲み物をキッチリと冷やすには時間がかかります。そういう急ぎの時にはまずバケツのような大きな容器に飲み物の容器を入れて、氷を塩とともに周りに詰めます。そのまま15分置いておきます。

氷に塩を混ぜると氷が早く溶け、飲み物の容器から急激に熱を奪います。 一気に飲み物を冷たくすることができます。

2. アクセサリーの汚れ

指輪などのアクセサリーは使っているとだんだん汚れてきます。買ったときのキラキラ感がなくなると着けたくなくなってしまいますよね?そんな時には炭酸飲料に数時間漬け込んでおきましょう。炭酸が汚れを取り除きます。水できれいに流して、やさしい布で拭き乾かすとキラキラが戻っています。

3. 鍋の黒ずみ

長年使った鍋の周りにつく黒い焦げ汚れ。洗剤をつけてこすってもなかなか取れません。そんな時に使えるのがケチャップです。汚れの上に塗りつけて数分そのままにしておきます。

その後キッチンペーパーでふき取ると、いとも簡単に汚れが取れてしまいます。

4. トマトの追熟

トマトがまだ青い状態の場合、早く追熟させる方法があります。方法はバナナと一緒に保存しておくだけ。バナナから出されるエチレンガスが追熟を加速します。バナナの代わりにりんごも同じように使えます。

5. りんごワックス

りんごの表面には自然なワックスがついていますが、時に人工的なワックスがついていることも。丸ごとかぶりつきたい時に気になる場合は、お湯をかけてワックスを流し取れば簡単です。ワックスが大まかに取れたら、乾いた布で擦ってツルツルにして食べましょう。見た目の美味しさがずっと増します!

6. 牛乳のタンパク

特に味を良くする裏ワザというわけではないのですが、牛乳にコーラを注いで混ぜると、牛乳のタンパク質が凝固する状態を見ることができます。

7. フワフワオムレツ

卵白の泡立つ性質を利用して、大きくフワフワなオムレツを作る方法です。まず卵白と卵黄に分け、卵白を角が立つまで泡立てます。その後卵黄を混ぜ入れたら、油を敷いたフライパンに入れて蓋をして5分ほど中火で焼くだけ。簡単にジャンボでフワフワなオムレツができます。

牛乳にコーラを混ぜて抽出したタンパク質は何に使えるか分かりませんが、未来の科学者の自由研究にしてみては?他の裏ワザは結構応用が利くはず。いろいろな場面で試してみてください。

コメント

おすすめの記事