食料品を守って飲み水も確保|家庭でできる台風時の停電対策

日本の南に位置する太平洋高気圧の縁に沿って移動する性質を持っている台風ですが、その進路を北東に変える場所に位置するといわれるのが沖縄。 そのため、沖縄は直撃する台風の数が本州よりも多いと言われています。

そんな沖縄でも本島よりもさらに西に位置する与那国島でカフェ経営をしているパティシエのチョコレート同盟☆彡さん(@moistchocolat)さんのある台風対策が話題を呼んでいます。それがこちら。

それは台風による停電時に備え水を確保する方法。こうして冷凍しておけば、停電時に電力復旧までの間食品の腐敗を防ぎ、また解けたら飲み水として使えるという一石二鳥な方法だったのです。

ツイ主のチョコレート同盟☆彡さんはこの方法で停電が復旧するまでの間食材を守ることができたのだそう。

また、冷凍庫が小さいという人からはジップロックを使っているというアイディアも。

台風の到来が予想される9月。いざという時のために家庭でできるこの停電対策を覚えておくと役に立ちそうです。また以前紹介した大雨時に下水の逆流を防ぐ方法も、併せてぜひご覧ください。

プレビュー画像:©︎Twitter/moistchocolat

出典

[email protected]

プレビュー画像:©︎Twitter/moistchocolat

コメント

おすすめの記事