Connect with us

DIY

タイルの印象をDIYで一変!塗り替えの手順をステップバイステップでご紹介

古い家では、バスルームやキッチンのタイルに特に時代を感じるもの。タイルの状態は良好でも、黄ばんでいたり、色や柄が古臭かったり…でも、全面貼り替えるのは、時間もお金ももったいない!そんなときは、タイルを塗り直すのをお勧めします。

タイルの塗装はポイントを押さえれば、それほど難しくはありません。以下のステップ・バイ・ステップの手順に従ってください。

1. 事前確認

タイルや目地に問題がないかどうかを事前に確認しておきましょう。タイルを踏んだり触ったりしたときに、割れたりするようであれば、全面的に張り替える必要があります。

もうひとつ重要な点。塗装が十分に乾くには1週間ほど必要です。

2. 下処理

シリコンコーキングは、タイルを塗装する前に取り除く必要があります。シリコンを完全に除去したら、水と洗剤でタイルをきれいに洗っておきましょう。その後、塗装しない部分をマスキングテープやマスキングシートで養生し、塗料の飛び散りを防ぎます。

3. タイル面のサンディング

未処理のタイルに塗料を塗っても、定着せず、時間が経つと剥がれてしまいます。そのため、塗装前にサンドペーパーでタイルを処理します。240番のサンドペーパーでタイルを軽く研磨した後、洗剤をつかってもう一度しっかりと洗浄します。その後、90分ほど乾燥させて、次のステップに進みます(塗装前には、タイルが乾燥し、油分がなく、きれいな状態でなければなりません)

4. タイルの塗装

まず塗料を密着させるための下塗り剤(プライマー)を使用します。説明書に従って慎重に作業を進めてください。

その後、ペンキを塗っていきます。端を刷毛で塗った後、ローラーで塗っていきます。ムラを防ぐために、必ず「ウェット・オン・ウェット」で作業を進めます。ウェット・オン・ウェットとは、先に塗った塗料が乾燥する前に次の層を塗り重ねる塗り方です。

12時間ほど乾燥させたら、塗料を2度塗りします。すべて塗ったら、半乾きのうちにマスキングテープを外します。

その後、3〜5日かけて完全に乾燥させてください。この間は水に触れないようにしてください。最後に、シリコンコーキングを新しくつけたら完成です。

5. フロアタイルの塗装

玄関などのフロアタイルに新しい塗料を塗ることもできます。壁の塗装と同じ要領で行います。

ただし、汚れや油分に強いエポキシ樹脂含有の塗料を使用し、塗装後には必ずシーリング材を塗布してください。

6. どんな色や柄にする?

タイルの色を塗り替えるとなると、迷うのが色ですよね。塗料の色には多様な選択肢があり、オーダーメイドで色を作っててもらうこともできます。好みの色を選ぶのが一番ですが、迷って決められない時やシンプルなものが好きな人は白がオススメです。アクセントにいくつかのタイルだけ色をつけてもいいですね。

ステンシルを使えば、こんな風にタイルに模様をつけることもできます。

タイルをの塗り替えは、貼り替えよりずっと手軽に部屋の印象をガラッと変えることができる方法です。ぜひお試しください!

 

プレビュー画像: ©Pinterest/Domestic Blonde ©Pinterest/Lela Burris | Organized-ish