コンビニで売られているタピオカミルクティーには意外なアレルギー成分が含まれている

タピオカミルクティーが日本で流行し始めたのは2013年ごろ、その火付け役は台湾の春水堂だと言われています。その人気はとどまるところを知らず、「行列の先にタピオカミルクティーあり」と言われるほどの集客力は、平成最後の食ブームと呼ばれるまでになりました。

1

その人気にあやかるように、コンビニにも所狭しとタピオカミルクティーが並ぶようになり、いつでもどこでも手軽にタピオカミルクティーが飲めるようになったのは、タピオカ愛好家にとっては喜ばしいことと言えるでしょう。

しかしそんなタピオカファンに悲報が飛び込んできました。TwitterユーザーKumikoさんが投稿したツイートが、3万回以上もリツイートされるなど、大きな話題になっています。

ファミマのタピオカミルクティーを何気なく飲んで、急に体調不良・・・よく見たらタピオカにイカスミ色素が!甲殻類アレルギー発症してツラすぎる・・・まさかタピオカミルクティーで甲殻類入ってると思わなかった・・・

アレルギーの皆さん、気をつけてください・・・

コンビニなどで売られているタピオカミルクティーの中のタピオカは、本来とは少し違う製造方法で作られているようです。通常タピオカは、「キャッサバ」と言う南米原産のイモの一種を加工して作られます。そして本来タピオカは乳白色のような色をしており、黒いタピオカは実はカラメルなどで色付けされているのです。コンビニで売られているタピオカは、この着色をイカスミ色素で行っているようです。

トロピカルな印象のあるドリンクに、甲殻類が入っているなんて予想外すぎです!

 

Twitterの反応

いかがでしたか?手軽さの裏には、必ずカラクリがあるようですね。アレルギーのある人は十分に注意する必要があります。この他にも、タピオカミルクティーを飲みすぎた中国の10代少女の体内から100粒を超すタピオカが残留していたことが発見されたりと、タピ活には少なからずリスクが伴うことが分かってきました。ブームだからと言ってタピオカミルクティーをガブ飲みするのはオススメできません。節度を守って適量を楽しんでいきましょう。ぜひシェアしてくださいね!

コメント

おすすめの記事