デザイン・アートだけじゃない!タトゥーや刺青の持つ本当の意味

日本人の私たちにはあまり馴染みのないタトゥー。2012年に行われた調査によれば、今から7年まえの時点で米国人のなんと21%(約4500万人)が1つまたはそれ以上のタトゥーがあると回答しているように、世界のタトゥー人口は年々増加傾向にあります。

そして2020年東京オリンピックを翌年に控えた現在の日本でも、タトゥーのある外国人観光客やアスリートに対する日本各地の宿泊施設や温泉、プールなどの対応に注目が集まっています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

JEREMY MEEKSさん(@jmeeksofficial)がシェアした投稿 -

米国や欧州などでは、ファッションの一環として体にタトゥーを刻む人が少なくありませんが、世界には全く別な目的でタトゥーをいれる集団が存在することも忘れてはいけません。そう、特に服役中の受刑者が自身の犯罪歴や特定のギャングへの所属関係をアピールするために彫るタトゥーのことです。

そこで今回みなさんに紹介するのは「絶対に覚えておきたい危険なタトゥー10選」です。それではどうぞご覧下さい!

1.涙

pin

涙のタトゥーは、その人物が殺人や殺人未遂の罪をおかしたことを意味します。さらには無期懲役の受刑者をパートナーに持つ人や、刑務所内で命を失った人を弔う意味でこのタトゥーをいれる人も少なくないそうです。様々な思いが込められたこのタトゥーを生半可な気持ちでいれていると、裏社会の人からの報復を食らう可能性もあるそうなので、注意が必要です。

2.お釈迦様

タトゥー

体に仏様のタトゥーをいれていると、仏教徒の多い国では冒涜罪に処せられる可能性があります。特に仏教が国教の国を観光で訪れる場合は、お釈迦様のタトゥーをしている人はそれを隠すなどして、細心の注意を払わねばなりません。

3.ヤクザ

pin

ヤクザ社会を生きる人たちの象徴ともいえる刺青。こちらも1番目のタトゥーと同じで、ヤクザに全く関係のない人が軽い気持ちでこうした刺青を入れているのを構成員などに見つかった場合、命の危険に晒されることすらあるそうです。こうした刺青を彫る前にそれなりの覚悟が必要と言えるでしょう。

4.三つ葉のクローバー

pin

幸福を意味する「四つ葉のクローバー」のタトゥーをいれる人は欧米では少なくありませんが、誤って三つ葉のクローバーをいれてしまうと大変です。このタトゥーはアイルランドの犯罪組織との繋がりを証明するシンボルとして使われているからです。

5.有刺鉄線

pin

犯罪者の間では、有刺鉄線は有罪判決を受けたことを意味します。有刺鉄線の棘ひとつが「一年服役」を意味するそうです。こちらのタトゥーも服役経験のない人がいれていると、挑発と受けとめた犯罪者たちに襲われる危険があるとか..。

6.威嚇する猛獣

pin

威嚇するライオンや虎などの猛獣のタトゥーは、一般市民の目からは勇気や強い精神力の象徴に見えます。しかし、犯罪者にとっては違います。受刑者の間では、こうしたタトゥーはその人の暴力性を表し、たとえ犯罪を犯しても悔やむことは無いことの証と受け止められるそう。勘違いされたら大変ですね。

7.3つの点

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

메리제이타투さん(@merry.jhyun)がシェアした投稿 -

手首に3つの点のタトゥーをしていたら、それは「Mi Vida Loca(私の狂った人生)」を意味します。これはその人が何かしらの法律を犯す行為をしたか、そうした地下組織との関わりを示すものだそう。法に従順な一般市民は、このタトゥーを体に彫ってはいけません。

8.胸の十字架

pin

胸に十字架のタトゥーをいれているロシア人には近寄らない方が良いかもしれません。このタトゥーはロシアで最も危険といわれる犯罪者達がその体に彫るものだからです。

9.蜘蛛の巣

pin

蜘蛛の巣は元受刑者の人間にとって、自伝の様な存在です。このタトゥーは長期間の服役、そして薬物中毒との戦いを表します。蜘蛛の巣の「輪」ひとつひとつが、タトゥーをいれている本人にとって特につらかった年を象徴しているそうです。

10.先端が5つの王冠

pin

先端が5つの王冠はシカゴに拠点をおき、全米に2万人の構成員を持つとされるストリートギャング「ラテンキングス」の紋章です。南米からの武器の密輸入などにも関わる彼らのタトゥーを知らずにいれてしまったら、その人の身に恐ろしいことが起こるでしょう。

いかがでしたか?2018年の訪日外国人数は8.7%増の3119万人。将来的に日本とは全く違った文化を持つ社会で育ってきた人たちを迎えるにあたり、日本人も今や世界の文化ともいえるタトゥーに無関心ではいられない世の中に変わっていくのかもしれませんね。

コメント

おすすめの記事