トイレのフタを開けたまま流すと、菌が部屋中に飛散してしまう。

突然ですが、皆さんはトイレのフタ、開けとく派?閉めとく派?国内外問わず常に巻き起こるこの論争、もしかすると家庭内でも意見が真っ二つ、なんてこともあるかもしれませんね。 議論は平行線を辿り、収束する気配はありませんが、それぞれの意見をまとめると、だいたいこんな感じになるようです。

開けとく派

  • 匂いが便器の中にこもらず、消臭効果がある
  • フタが閉まっていると、汚そうなフタを触って開けないといけないから嫌!
  • たまに中にブツが残っていて、開けた瞬間のサプライズがすごい

閉めとく派

  • マナーとして「閉めておく」方が正しい
  • 開けっぱなしはだらしなく見える
  • 便座ヒーターの電気代節約になる

確かにこうして見ると、どちらの主張も道理にかなっているように感じます。しかし少なくとも、トイレを流す時だけは絶対にフタは閉めておいた方が良いこと、皆さんご存知でしたか?

1

実はトイレを流す際、排泄物が飛沫となってあちこちに飛び散っています。研究によると、フタを開けたまま水を流すと空気中にばい菌が撒き散らされ、その結果他の人へウイルスをうつす確率が飛躍的に上がってしまうと言います。さらに流してから90分経った後でも、個室内の空気中の菌は消えることはなかったそうです。ところがフタをして流したケースでは、飛散する菌の量は劇的に少なかったそうです。

1

これはトイレ掃除の時も同じで、ブラシでトイレの中を掃除したら、フタをしてから流すようにしてください。そうしないとせっかく清潔にしたつもりでも、細菌や汚れをあちこちに飛ばすという結果になってしまいます。

いかがでしたか?依然として続いていくであろうこのトイレのフタ論争ですが、少なくとも流す時だけに限って言えば、明確な結論が出ましたね。これからは絶対にフタを閉めてから、流すようにしてください!

コメント

おすすめの記事