ドアノブが故障して回らない時、トイレットペーパーの芯でドアを開ける方法

トイレ、特に自宅のトイレは日々忙しく過ごす現代人にとって、誰にも邪魔をされず一人になれる究極のプライベート空間。 でも、ドアノブの故障などによって内側からドアが開かなくなってしまったら...。一人暮らしだったら助けを呼ぶこともできず、地味ですがちょっと怖い状況です。

ドアノブ

万が一そんなことが起きたとしても、トイレのドアを打ち破るなんてことをしなくても、ドアを開ける方法をご紹介します。必要なのは、トイレットペーパーの芯。

金本茂 Shigeru KANEMOTOさん(@SgkSsci)がTwitterで紹介しているトイレットペーパーの芯を使ってドアを開ける方法がこちら。

万が一ドアノブが回らず内側からドアを開けることができない状態になったら、トイレットペーパーの芯を切り開いて、ドアと鍵の隙間に差し込みます。これを引き上げるようにすれば、見事解除!

さらにわかりやすい動画がこちらです。

そして驚くことに、多くの人が思いもよらずトイレに閉じ込められてしまった経験があったということが明らかに…。また、トイレットペーパー以外の対策法も紹介されています。

いざという時の脱出ライフハック、覚えておくと良さそうですね。

プレビュー画像:©︎Twitter/@SgkSsci

出典

[email protected]

プレビュー画像:©︎Twitter/@SgkSsci

コメント

おすすめの記事