照明や望遠鏡ホログラムまで自分で作る!光を楽しむDIY

照明は部屋の雰囲気を大きく左右するインテリアアイテム。ランプシェードの質感や色にこだわればおしゃれ度アップ。また、リビングルームや寝室を直接照明で明るくと照らすのではなく、間接照明で柔らかな光を灯すと、体も心も自然とリラックスモードに入っていきます。

秋の夜長が楽しくなる、リラックス効果抜群の照明と、光を使った楽しい工作アイディアをご紹介します!

1. 光の雲

いろんな照明器具がありますが、こんなふわふわの照明はきっと見たことがないはず。ランプを灯せば、柔らかな光と影が幻想的な空間を織り成します。作り方はこちら

2. 発光ガラス

綿棒に蛍光塗料をつけてメイソンジャーに模様を描いておきます。メイソンジャーを水で満たして、電気を消せば…仄かな光を放つ不思議なデスクランプの出来上がり。

3. ガラス瓶で自家製ランプシェード

素敵なデザインのボトルを見つけたら、こんな再利用の仕方もあります。おしゃれなハンギングランプシェードを自宅で作る方法はこちら

4. スマホでロジェクター

生活になくてはならない存在になりつつあるスマホ。地図を見るのも電話もメールも、ゲームもお買い物もなんでもできるスマホですが、なんとプロジェクター代わりにもなるのです。部屋でのんびり、大画面で映画やドラマを楽しみたいときにおすすめ!作り方はこちら

5. スマホでホログラム

3次元の像が浮かび上がるホログラム。スマホとCDケースがあれば自宅でも楽しむことができます。CDケースなどの硬いプラスチックを、底辺6cm、高さ1cm、上辺4cmの台形に4枚切り取ります。

この4枚の台形の斜めの2辺をセロハンテープでとめます。これを下の写真のようにスマホの画面に置きます。YouTubeのホログラムビデオを再生すれば、画像が3Dで浮き上がります。

6. 望遠鏡

虫眼鏡とルーペ、そしてペットボトルがあれば即席望遠鏡を作ることができます。まず、ペットボトル2本を用意し、1本は底を(a)、もう1本は底と上部を切り落とし(b)、スプレーで真っ黒に色を塗ります。

bのペットボトルに虫眼鏡をセットし、黒いテープで留めます。 aのペットボトルの口にルーペを設置し、こちらも黒いテープで留めます。bの虫眼鏡の取っ手を持ってaのペットボトルにセットすれば出来上がり!

7. 星空の壁掛け

大切な人へのプレゼントにこんなロマンチックな壁掛けはいかが?キャンバスとLEDライトを使って、大切な人の生まれた日の星空を再現します。作り方はこちら

お気に入りの照明アイディアは見つかりましたか?今回ここでご紹介していない紙製の照明アイディアはこちらをご覧ください。

コメント

おすすめの記事