インドのウコンのすごい健康効果。心臓病や糖尿病予防に。

ウコン。ショウガの一種であり、金色に輝くインド原産の神秘です。日本ではカレー粉に用いられるほか、2日酔い対策のドリンクなどに使われていることでも有名ですね。しかしインドの神秘の力はそれだけにとどまりません。

Biblische Gewürze

ウコンの黄金に輝く色素成分のクルクミンがその健康効果の秘密。クルクミンには、糖尿病や心臓病、がん、アルツハイマーなどの疾患を予防したり緩和させる効果があると言われています。またクルクミンに加え、ウコンにはさらに100以上の有効成分が含まれており、それらの相乗作用によってさらなる効能が期待できます。

一説によると、ウコンには消化性潰瘍や過敏性腸症候群(IBS)の症状の緩和、タバコに含まれる発がん物質の影響を抑制するなどの効果があるそうです。さらにインド歯科研究の学術記事によると、ウコンで作った練り歯磨き粉を1日に2回歯ぐきに塗ることで、歯肉炎や歯周病に効果があるとか。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

A post shared by nirvana2617 (@nirvana2617) on

いかがでしたか?2日酔いの同僚に持って行ってあげたいウコンですが、まさかその他にこんなにもたくさんもメリットがあるなんてビックリです。カレー以外にも、ひよこ豆や米料理、野菜炒めに加えても美味しく食べられること間違いなしです。

コメント

おすすめの記事