浮気?パートナーが何かを隠していることを示す10のサイン

パートナーとは信頼に基づく関係を築きたいもの。でも、相手に秘密や隠し事があるのではないかと疑いだすと、不安になりそのことで頭がいっぱいになってしまいますよね。 大抵は、相手の仕草や言動に違和感を感じるところから疑いは始まります。

A Couple at J Pauls

相手との信頼関係を築くにはコミュニケーションが大切。でも、まずは相手が本当に嘘をついているのか、隠し事をしているのかを確かめたいですよね。この記事では相手に隠し事があることを示す10のサインをご紹介します。

1. 携帯電話の画面を必死に隠す

急に携帯電話を見せなくなったら要注意です。電話をその辺に置きっぱなしなくなったり、画面を見せてくれなくなったら、何かを隠しているというサインかもしれません。変な時間に着信があったり、隠れて携帯電話を触っているなら、かなり怪しいと言わざるをえません。

pint1

2. 落ち着きがない

隠し事があると人は落ち着きがなくなります。パートナーが突然態度を変えたり、ストレスを感じているように見えたり、落ち着きを失っているなら、秘密があるせいかもしれません。

3. 視線を避ける

目は感情を映し出します。パートナーが目を合わせようとしなかったり、会話の最中に立ち去ったりするなら、相手に何かを悟られまいとしているのかもしれません。

Couple

4. ポーカーフェイス

目だけでなく、表情を見れば気持ちが推測できます。でも、相手が意識的に無表情でやり過ごそうとしていたり、表情がこわばっているようなら、隠していることを知られたくないのかも。

5. まばたきが多い

頻繁にまばたきをするのは嘘をついている証拠と言われます。嘘をつくことはストレスなので、瞬きの回数が増えるのです。まばたき以外にも、手汗がひどい、腕を振る、鼻に触れるなど、いつもとちがう無意識の動きには、相手の深層心理の変化が隠されています。

Hip Midwesterners

6. 他の人を批判する

あなたの注意を家族や他人に向けさせようと、他の人の批判ばかり言うようなら、おそらくあなたから何かを隠しているのでしょう。自分に罪悪感があるため、あなたの注意を他の人に向けようとしているのです。

7. 質問をはぐらかす

質問しても、いつも答えをはぐらかしたり、無視したり、曖昧にしか答えなかったり、質問に質問で返そうととするなら、ほぼ間違いなく秘密を持っていると考えられます。こうした態度は単に機嫌が悪いのではなく、何かを隠そうとしているサインです。

pint7

8. 連絡が取れない

連絡を取るのが難しい場合や、以前ほど頻繁にメッセージに返信しなくなった場合は、相手が何かを隠している可能性があります。連絡が取れないのは、感情的なレベルでも遠くなってしまったことを示している場合が多いのです。その場合、たとえ同じ部屋にいても、相手との距離が離れてしまったように感じるでしょう。

9. 邪険にする

重大な秘密があると、人は誠実ではない自分に罪悪感を感じるもの。パートナーがあなたを責めたり、怒鳴ったりすることが多くなったなら、あなたに何かを隠しており、罪悪感からそんな態度にとっている可能性があります。

pint9

10. 声のトーンや話すスピードが変わる

人は不安になると、会話中に声のトーンが大きく変化します。また、ストレスを感じていると話すスピードが変化します。ですから、嘘をついているときは、いつもより早口になりがち。逆に、いつもよりゆっくり話しているなら、意識的にストレスと戦っているのか、信頼できる言葉を探そうと、じっくりと考えながら話しているのかもしれません。

パートナーに嘘や隠し事をしているサインがみられたとしても、必ずしも浮気であるとは限りません。仕事や人間関係でトラブルに巻き込まれたり、ストレスを抱えているのかもしれません。困難な状況やストレスへの反応は人によって違うのです。もしパートナーがあなたに隠し事をしているのではないかと疑っているなら、冷静に話し合い、相手を責めないことが大切です。話し合うことで状況はきっと好転します。

プレビュー画像:©︎flickr/Calvin Chu

出典

BrightSide

プレビュー画像:©︎flickr/Calvin Chu

コメント

おすすめの記事