空港での長い待ち時間を短縮する裏ワザ

夏休みは満喫しましたか?もう次の夏休みが待ち遠しい・・・そんな人もいるのでは。現実逃避気味に次回の海外旅行のプランを立てるだけでワクワクしてきます。 次回こそは貴重な休日を1時間でも多く味わえるよう、空港で出来るだけ時間を無駄にしない方法を考えてみましょう。

運行状況

まず空港へ向かう前に、自分が乗る便の運航状況を必ずチェックしてから出かけましょう。ひょっとすると到着が遅れていたり、最悪の場合キャンセルになっていることもあるかもしれません。最近ではネットなどでこういった情報を得ることが簡単にできます。空港で何時間もイライラしながら待つ代わりにもう少し家でゆっくりすることができるかもしれませんよ。

Cancelled

オンラインでのチェックイン

エアライン会社によってはオンラインでのチェックインサービスを行っているところもあります。空港に着いてからカウンターの前の行列に並ぶ時間を節約できるだけでなく、中にはオンラインチェックインを使用することで多少の割引を行うことができる場合もあります。この方法は、預け荷物がある場合には特に手続きが楽になります。

Baggage Check-in

チェックイン

あらかじめ必要となる用紙や書類などを確認しておき、列に並んでいる間に用意できるものは用意しておきましょう。また、自分の手荷物の重さと航空会社が定める上限の重さもあらかじめ把握しておくと、カウンターで重量超過金を支払うという悲しい事態を避けることができます。

Hartfield Delta Baggage check_0472

服装

一部の国においては、入国時に靴を脱がなければならないこともあります。こういった場合には編み上げの靴やニーハイブーツなどを履いていくのは避けた方がいいでしょう。また、セキュリティの厳しい地域では露出の高い服装をしていくと追加の検査に回されてしまうこともあります。自分の行く地域に合わせた服装を考えて出発しましょう。

2

保安検査

液体の持ち込みには制限がかかる場合が多いので、その地域のルールに従いましょう。禁止項目にはジェル状のものやクリーム、スプレーなどが含まれることもあります。トラブルに巻き込まれないことを第一に考えるのであれば、そもそもこういったものをはじめから手荷物に入れておかないことも重要です。また、金属製のアクセサリーも極力身につけないよう心がけ、うっかりズボンや上着のポケットに入っていた…などということがないようにしましょう。

security check

これらの注意事項は、あなたのスムーズな手続きに役に立つだけではありません。いろいろと検査に引っかかってしまえば、その分他の乗客にも迷惑が掛かってしまうこともあります。全ての乗客が何の問題もなければ、ストレスなど感じることもなく時間通りに目的地に到着できるでしょう。

出典

catracalivre

コメント

おすすめの記事