ペンが出ない?そんな時はお酢をキャップに入れれば復活するかも

子供がキャップをし忘れて、気づいた頃にはフェルトペンはカピカピに乾いていたありがちな光景です。しかし、ゴミ箱に捨ててしまう前に、ぜひこのライフハックを試してみて!

ペンのキャップに、お酢を数滴落としてみてください。そしてそのキャップをペンにはめ、立てたまま10分ほど置いてみましょう。すると魔法のような変化が起きますペンがまたスラスラと書けるようになるのです!実はペンが書けなくなる主な原因は、ペン先の溶剤が揮発して乾き固まってしまうから。ほとんどの場合、インクはまだ残っているのです。お酢が油性マジックのなかに染み込むと、溶剤の役割を果たすため、また書けるようになります。

 

*NEW* PEN ALERT!! Introducing Scribble Stuff Felt Pens. Available now at @walmart

Ein Beitrag geteilt von Scribble Stuff (@scribblestuff1) am

いかがでしたか?お酢は料理だけではなく、日常生活の様々な場面で役に立ってくれる万能選手なのです。これからは、子供がペンのキャップをはめずにお絵かきに没頭していても、広い心で許してあげられるかも?

コメント

おすすめの記事