歩く速度が速い人ほど長生きする

世界中の研究者が長寿の秘訣を探っていますが、1つ確かなことは、100歳まで生きるには様々な要素が相互に関係し合っているということです。 そして寿命を決定づける要素の25%から30%は遺伝子だろうと言われています。しかしその他の70%の要素は外的要素とライフスタイルが決定しているのです。みなさんは歩く速さが寿命に関係していることをご存知ですか?

米・ピッツバーグ大学は高齢者数千人を対象に歩行速度の調査を実施しました。すると、これまで歩くスピードが速かった人ほど寿命が長い傾向にあったのです。また、歩く速度が速い人はそのほかの動作も機敏であり、どんな時でも目的意識が強い場合が多いそうです。ほかにも速く歩くことは、心臓の働きを助け血流を良くしてくれるなど、私たちの健康に多大な恩恵をもたらしてくれます。

速く歩くだけで寿命が伸びるなんて、驚きです。みなさんも、今日からでも競歩を始めてはいかがでしょう。

コメント

おすすめの記事