結婚したい!結婚前に確認しておくべき7つの質問

いよいよ結婚式当日!何ヶ月にもわたって入念な準備を重ねてきて、やっと辿り着いた晴れの日。 そんな大事な日だからこそ、誓いを交わす前に必ずパートナーに確認しておくべきことがあります。

結婚生活における大切なテーマについて、事前にキチンと話しあっておけば、結婚後に生じる様々な問題を未然に防ぐことができるからです。今回みなさんに紹介するのは、そんな「結婚前にパートナーに確認しておくべき7つの質問」です。

1.子ども

子どもは欲しいのか、欲しくないのか2人で話し合ったことはありますか?パートナーが「子どもが欲しい」と答えた場合は、育児はどちらが担当するのか、育児休暇はどうするのかなど、細かいことまでしっかりと話しましょう。

2.金銭

金銭に関する2人の取り決めや将来の貯金計画、さらにはお金の使い方についても両者の考えに大きな違いはないか確認するべきです。ショッピングが大好きで、散財してばかりの人とは安定した結婚生活を築くことが難しいはずです。

3.家事

家事の分担はどうするか、もう話し合いましたか? 掃除やごみ捨て、食器洗いなど、誰がいつやるか前もって決めておきましょう。そうすれば余計なストレスが溜まりませんし、フェアな分担方法を見出すことができます。

4.病気

持病についてパートナーに隠していることはありませんか?仮にうつ病などの心の病気を発症した経験があるならば、それも相手に伝えてあげて下さい。そうすれば初めて聞いたときはショックを受けるかもしれませんが、もしあなたが病気になっても相手には心の準備が出来ているはずです。

5.友人

パートナーの友人で嫌だなと思う人はいませんか?もしいるなら、彼・彼女に正直に心の内を明かしてください。その際は「自分と友人のどちらを選ぶの?」という風に選択を迫るのではなく、どうしたらその友人と良い関係を築いていけるのか建設的に話し合うことが大切です。

6.家族

相手の家族のことで悩んでいることがあるなら、あらかじめ伝えてあげるべきです。同居する場合は尚更ですが義理の両親と仲良くなれないなどといった場合は、4人でその問題についてしっかりと議論をする必要があります。臭い物に蓋をしても、長い目で見て良いことは決してないからです。

7.結婚

当たり前のような質問かもしれませんが、結婚式当日にもう一度お互いに確認してください。あなたたち2人は結婚するための心の準備が出来ていますか?将来、どんな困難が待ち構えていても2人で乗り切る自信はありますか?

7つの質問、いかがでしたか?どれも結婚前に話しておくべき重要なテーマですね。質問に対する回答次第では、残念ながら結婚式をキャンセルすることも念頭に置くべきかもしれません。「私たちは結婚はまだ先」というカップルもぜひ試してみてください!

コメント

おすすめの記事