ピンチを乗りきるオシャレの裏ワザ

出かける前にメイクもドレスも抜かりはないか鏡を見てチェックしたはずなのに、外出先のトイレの鏡に映る自分の姿にギョッとしたことはありませんか?ブラのストラップがドレスからはみ出ていたり、シャツのサイズがちょっと小さボタンの隙間からブラが見えている…または出かける直前になってパーカーについた大量の毛玉が気になりだしたなんてことは?

そんな衣類にまつわるピンチを救ってくれる9つの裏ワザをご紹介します!

1. ブラのストラップを隠す

シャツやドレスからはみ出ているブラのストラップが気になったら、クリップを使って応急処置。

2. ボタンが閉まらない!

パーティでちょっと食べ過ぎてズボンやスカートのボタンがきつくなったら、ボタンホールに輪ゴムを通してウエストをちょっと広げてあげましょう。

3. ブラの補修

ブラのアンダーワイヤーが生地から突き出てしまったら、テーピング用のテープで応急処置をしましょう。ブラの生地が薄くなってワイヤーがあたると感じ始めた時も、テープを貼っておけば痛くありません。

4. ブレスレットの簡単な付け方

こちらもクリップを使った裏ワザ。クリップを開いてブレスレットの端に通したら指で押さえておきます。あとは手首にブレスレットを回して金具を留めるだけ。

5. 履きなれない靴に

バレエシューズやローファー、パンプスなどが少しきついとき、そのまま履いてしまうと小指やかかとが靴擦れしてしまう可能性大。そんなときは、半分くらい水を入れたジップロックを靴に入れて、丸ごと冷凍庫へ。翌朝取り出して履いてみてください。少し余裕ができているはずです。

6. 背中のファスナーを一人で締める

背中にファスナーのあるドレス、一人でも簡単に着る方法がこちら。不要なネックレスや、紐をファスナーの持ち手に通して引き上げるだけです。

7. きつめのブラウス

きつめのブラウスを着ると、ちょっと恥ずかしいのはボタンにできた隙間。両面テープをボタンの穴と穴の間に貼ってから着てみましょう。

8. 毛玉取り

服の毛玉が気になる、でも毛玉取り機がない!そんなとき、目の細かな生地であればカミソリが便利。生地に優しくカミソリを滑らせていけば毛玉がスイスイ取れます。

9. デオドラントのシミ

ロールオンタイプのデオドラントがTシャツについてしまったら、赤ちゃん用のおしりふきかウェットティッシュで拭き取りましょう。

高価なドレスやスーツを着ていても、ブラのストラップやボタン、ファスナーなど細かな部分が乱れているとかえってだらしない印象を与えがち。ちょっとした裏ワザ、覚えておくといざという時きっと役に立つはずです!

コメント

おすすめの記事