【ヨガで不眠解消】バラーサナ・子供のポーズで眠れない夜にお別れできる寝つきが悪い人必見の健康ライフハック

眠りたいのになかなか寝付けない…そんな経験は誰にでもあるかと思います。寝返りを繰り返している間に、気づいたら何時間も経っていたり、ジッとしていられずにベッドから起き出して、少し座って休んだり…特に翌日の朝が早いときなどは困りものです。

夜眠れないことが続くと、日中にも慢性的な疲れを感じたり、起きている間に眠気を感じて、甘いものやコーヒーを摂りすぎてしまいます。ひどいときには精神的な問題や体重の増加など、深刻な状態に陥ってしまうケースもあるそうです。

pin

今回ご紹介するのは、そんな不眠症を解決するためのヨガのポーズです。効果バツグンこのポーズさえマスターすれば、快眠出来ること間違いなしです。これまでヨガの経験がない人や、身体が固い人でも簡単にできるので、ぜひ試してみましょう。

ちなみにヨガのポーズを取るときは、あまり長時間1つの姿勢でいないよう心がけましょう。はじめのうちは1分もそのポーズでいられれば十分で、慣れてきたら少しずつポーズを保つ時間を伸ばしていくことが大切です。それではどうぞご覧ください!

バラサナ – 子供のポーズ

pin

膝に痛みを感じている人は、このポーズは控えてください。しかし、神経系や背中、肩、お腹、そして精神面では大きなリラックス効果が期待できるはずです。

かかとがお尻につかないという人は、ブランケットを数回折りたたんだものを足の下に挟んでみましょう。腕は身体の前に伸ばすか、あるいは身体の脇で力を抜いて垂らすようにします。また、あまりこの体勢のままで居続けることがないようアラームをセットしておくことをお勧めします。このポーズのままで深く呼吸をし、特に背中に意識を集中させてみましょう。

pin

いかがでしたか?今回ご紹介したポーズは自宅で簡単に実践できるので、わざわざヨガジムに通う必要はありません!用意しなければならないものも、特にありません(もちろんお香など好みによって用意しても雰囲気は出るかもしれませんが)。

ヨガを始めたことを誰にも知られずに、コッソリと始めたいという人は、ぜひ今回ご紹介したポーズを家で試してみてください。睡眠の問題だけでなく、不安感やストレスも解消されて、身体の調子が改善されていくのを感じることができるはずです!

コメント

おすすめの記事