【車内の掃除のコツ10選】愛車のお手入れに 車内の簡単お掃除方法を伝授します

毎日車なしでは生活できないという人、家族旅行に欠かせないという人はたくさんいるでしょう。 でもよく使うものほどすぐに汚れていくものです。車の掃除や洗車が趣味でない限り、掃除は素早く効果的に、そしてできるだけ長くきれいに保っておきたいですよね。10のシンプルな技をご紹介します。

1. 自家製スプレーレシピ

シートに染み込んだジュース、コーヒーのシミやどろ汚れなど、ひどいことになっていませんか?

 

お酢1カップ、重曹大さじ3、レモン汁少々、刺激の少ない食器洗い用洗剤を少量混ぜ、スプレーボトルに入れます。使用前によく振って、汚れている箇所にスプレーし布やブラシなどでこするだけ。綺麗スッキリ!

 

さっぱりした使い心地で驚きの結果に!

2. オリーブオイルをダッシュボードに

特に革製のダッシュボードは少量のオリーブオイルを使えば汚れも取れ、輝きが戻ります。市販の専用スプレーは高価で化学物質も多く含まれていることを考えれば、オリーブオイルの方が断然いいでしょう。

 

他にも皮革部分には使えますが、ハンドルには使わないようにしてください!滑ります! 

 

3. 動物の毛

 座席やカーペットについた動物の毛は、水をスプレーしてスクイージーでこそげ取るように取り除きます。

 

4. ワイパー

フロントガラスにワイパーの跡が残るようだったら、アルコールを染み込ませた布でワイパーを拭き取りましょう。

 

5. 窓

イライラせずに窓を拭くには、酢を染み込ませた新聞紙で拭き取ります。頑固な汚れもスッキリです。

 

6. ナチュラルな消臭剤

小さめのガラスのジャーに重曹を大さじ2〜3杯入れ、お好みのエッセンシャルオイルを数滴垂らします。ジャーの蓋には穴を数カ所開けておき、蓋を締めて座席の下などに忍ばせておけば天然消臭剤の完成です。
 
消臭剤の強烈な臭いが苦手という方はぜひ試してみてください!

7. ホイール

1番目のスプレーはここでも使えます。スプレーしてから布やスポンジなどでこすれば輝きが戻ります。

 

8. ナチュラルな洗車

バケツに水を汲み、植物性液体石鹸を数滴垂らします。よっぽどひどい汚れでない限り、きれいに落とすことができます。またこの洗浄液は刺激の強い化学物質を含んでいないので、環境にも手肌にも優しいのが嬉しいですね。

9. ホコリ

エアコンの吹き出し口やその他の細部にはホコリが溜まりがちです。写真のようなブラシなら、ホコリ取りが楽しくなるほどよく取れます。掃除機で吸引しながらやると完璧です。

10. 歯ブラシと歯磨き粉

こびりついた汚れには古くなった歯ブラシの出番です!ヘッドライトは、歯磨き粉をつけた布で 磨きます。見違えるほどきれいになります。

専用の洗剤を買わなくても車はきれいに保つことができます。お財布に優しいだけでなく、強い化学薬品も使わないので環境にも優しい!

出典

Parfait

コメント

おすすめの記事