家で心落ち着く、ミニチュア禅ガーデン

欧米で日本の庭園のスタイルを模倣したものが流行っています。その中でも筆頭はミニチュア禅ガーデン。 通常は室内に置く盆栽のようなサイズですが、この女性はとてもでかい「ミニチュア」の作り方を紹介しています。

Youtube /Garden Answer 

ローラ・レボティアーさんは自分のユーチューブのチャンネルで色々なガーデニングのアイディアを紹介しています。その中でもポピュラーなのは色々な小さな植物を鉢に植えるものだそうです。

必要なもの: 

  • オリノコボウル 2個 お椀型のプランター 約75センチと50センチのもの
  • 色々な植物
  • 砂利
  • 小さな模型 橋やパゴダなど
  • 卓上噴水 滝型

作り方:

大きなプランターに土を入れ、その上に中心からずらしたところに小さいプランターを乗せ、そこにも土を入れます。

Youtube /Garden Answer

これらのプランターの底には穴が空いていることを確認してください。空いていない場合はドリルなどで開けましょう。

Youtube /Garden Answer

バランスを考えて植物を植えていきます。

Youtube /Garden Answer

卓上噴水を備え付けます。

Youtube /Garden Answer

砂利を使って川を表現します。

Youtube /Garden Answer

砂を使ってなんちゃって枯山水を表現します。

Youtube /Garden Answer

中国人風釣り人も座っています。

Youtube /Garden Answer

赤い橋の模型は彩りを与えるので重要なようです。

Youtube /Garden Answer

中国風のパゴダも置かれました。

Youtube /Garden Answer

ミニチュア禅ガーデンの完成です!

Youtube /Garden Answer

こちらのビデオで詳細がもっと詳しくわかります。(英語のみ): 

日本人にとっては大きすぎる「ミニチュア」である上にスタイルもちょっと違いますが、このような限定された空間で遊ぶと心が癒されるというのは共通しているかもしれません。

出典

Youtube

コメント

おすすめの記事