子育てに大忙しな親にぴったりな10の新しい裏ワザ

朝起きてから寝るまで小さな子どもの親は気が休まる暇がありません。毎日慌ただしく過ぎていくと、あとで片付けがずっと楽になる工夫など考える余裕がありません。 先輩パパ&ママが実際使って役立った育児裏ワザはどれも簡単手間いらず。できることを取り入れて、子どもとの時間をもっと楽しみましょう。

1. 子どもがうまく鉛筆を持てないようだったら、こんな方法を試してみましょう。薬指と小指で丸めたティッシュペーパーを掴みながら鉛筆を持ちます。ティッシュが落ちてしまったら、持ち方が間違っています。

pint6

2. コンセントやプラグに興味津々の子どもも多いもの。しっかり蓋の閉まるプラスチック容器に電源タップを入れて、配線が出るよう穴を開けておけば、子どもがいじる心配がないので安心です。

3. 室内ばきの底にボンドで子どもの名前を書いておきましょう。お友達の室内ばきと間違えることもなく、滑り止めにもなります。

pint2

4. 紙製の卵カートンは絵の具パレットしても大活躍。使用後は絵の具を拭いてからリサイクルへ。

5. シェービングクリームに絵の具を数的垂らせば、顔や素肌に塗っても洗い落とすのが簡単な絵の具の出来上がり。

6. 5番のシェービングクリーム絵の具をお風呂場で使えば、子どもはストレスなく好きなようにお絵描きでき、後片付けも流すだけで楽チン。

7. お風呂の中で子どもがひっくり返ったり、おもちゃだらけになったりするのを防ぐのが、この洗濯物カゴ。子どもとの入浴中ももう少しリラックスできそうですね。

pint7

8. 触っちゃダメ、いじっちゃダメと言われると子どもは余計に興味が湧いてしまうもの。こんな風に全部まとめて触らせてあげたら子どもの知的好奇心を妨げません。

imgur/teachezofpeachez

9. リビングルームでも洗濯物カゴは活躍します。ゴムボールをたくさん入れてあげれば、しばし夢中で遊んでくれます。

 

Ein Beitrag geteilt von Lucy Finnivan (@lyowce) am

10. ベビーカーやバギーを室内に保管しなくてはならない場合は、車輪にシャワーキャップをつけてあげれば部屋を汚す心配ありません。

 

Ein Beitrag geteilt von Katy (@_what_katy_did) am

この10の裏ワザはどれもほんの一工夫ですが、親と子どものストレスを緩和してくれるものばかり。このほかの子育ての裏ワザはこちらをご覧ください。

コメント

おすすめの記事