【オーブン不要】レンジとトースターで作るバスク風チーズケーキ

真っ黒い表面が印象的なスペイン・バスク地方生まれのバスクチーズケーキ 。あえて長時間オーブンに入れて表面を真っ黒にすることで、食べた時に口の中でほろ苦さとチーズケーキの濃厚さが味わえるのが特徴。 日本でも、ここ数年でじわじわとその人気を集めています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Masaki Higuchi (@higuccini) on

そんなバスクチーズケーキが、オーブンや型などと言った道具なしで簡単に作れるレシピがあるのです。

[email protected]

それがこのレシピ。以前にもこちらで紹介したことがある料理コラムニストの山本ゆりさん (@syunkon0507)が最高の自信作と称するチーズケーキ。

必要な道具は家庭にある電子レンジとトースターだけ。作り方はこちら。

またトースターがないという方は、レンジまでの工程で終わらせても大丈夫とのこと。フルフルのチーズケーキとして味わうことができるんだとか。

お菓子と聞くと、材料のみならず専用の型やオーブンなど道具の準備も大変そうでハードルが高かったという方も多いと思います。

でもこのレシピなら、難しい工程もないので材料さえあれば簡単にバスク風チーズケーキを作ることができ、お菓子作りを普段あまりしない方や、短時間でささっと作りたい方などにおすすめ。また、いつもと違うチーズケーキを食べてみたいな、なんていうチーズケーキ好きにもぜひ試してもらいたいレシピです。

山本ゆりさんのTwitterでは、主に電子レンジメインで簡単スイーツや料理のレシピが数多く紹介されています。気になる方はぜひ覗いてみてください。

コメント

おすすめの記事