米なすの花焼きのレシピ

食欲の秋に秋なすは季節を楽しむのに最適な食材です。そこで今回は米なすの花焼きのレシピをキャセロールとして作ります。ひき肉をなすに詰め、トマトソースとともに耐熱容器に入れて作る焼きなすは、舌だけでなく、目も満足。サイドのポテトウエッジとともにオーブンで焼き上げます。

材料:

  • 米なす 2本
  • 水 1リットル
  • 塩 大さじ1
  • レモン汁 大さじ2

ひき肉フィリング:

  • ひき肉 300g
  • 赤玉ねぎ 1個
  • パプリカパウダー 小さじ1
  • ローズマリー 小さじ1
  • 卵 1個
  • こしょう
  • ミニトマト 7個

トマトソース:

  • トマト 250g
  • こしょう
  • オリーブオイル 大さじ2
  • ローズマリー
  • 水 50ml

その他:

  • じゃがいも
  • オリーブオイル
  • こしょう
  • 爪楊枝

作り方:

1. 米なすの両脇を切り落とし、下手の部分を残して7枚くらいにスライスします。

2. 耐熱容器になすのスライスの部分を広げておき、白い部分に塩とレモン汁をかけます。耐熱容器を水で満たします。

3. この時点でオーブン(対流式の場合)を160 °Cに予熱しておきます。ひき肉に細かく刻んだ赤玉ねぎ、卵、ローズマリー、塩こしょう、パプリカパウダーを加えて混ぜ合わせます。

4. なすを水から取り出し、キッチンペーパーなどで水分を拭き取ります。スライスの部分を外側に向けて巻き、爪楊枝で固定して花のような形にします。

5. ひき肉フィリングを小分けにし、スライスを巻いた部分に詰めます。

6. 半分にしたミニトマトをフィリングの上にのせて蓋をします。

7. なすを耐熱容器に並べます。

8. トマトを適当な大きさに切り、にんにく、オリーブオイル、塩こしょう、水とともにスティックブレンダーでピューレ状にします。トマトソースを耐熱容器にいれてアルミホイルを掛けます。

9. アルミホイルに皮を剥いて刻んだじゃがいもをのせ、塩こしょうを混ぜたオリーブオイルを表面に塗ります。なすを入れた耐熱容器とともに30分焼いて完成です。

焼きあがったなすはミントを加えたプレーンヨーグルトなどど合わせて食べると最高です。花形にするのが面倒くさい人は、なすのスライスを個別に使ってフィリングを巻いて作っても、味は変わらずに楽しめます。

同じく米なすを使ったおまけ映像のチーズたっぷり洋風なすの扇焼き・挟み焼きのレシピもお楽しみください。

コメント

おすすめの記事