昭和の時代に人気だった懐かしのスワンシューのレシピ

昭和の時代に庶民の憧れだったスワンシューというものがありました。白鳥の形をしたシュークリームのことです。スワンのデコレーションがレトロでかわいい、お茶とともゆっくり食べたいスイーツです。そんな雰囲気のあるスワンシューで、ガナッシュとクリームチーズミックスをはさんだ上品な一品のレシピをご紹介します。

材料:

シュー生地:

  • バター 60g
  • 水 225g
  • 塩 小さじ½
  • 小麦粉 125g
  • 卵 3個

ガナッシュ:

  • チョコレート 100g
  • 生クリーム 100g

クリームチーズミックス:

  • クリームチーズ 220g
  • バニラ 大さじ1
  • 砂糖 25g
  • ホイップクリーム 100g

その他:

  • 粉砂糖 適量

作り方:

1. バターを鍋で熱し、水、塩、小麦粉を入れてよくかき混ぜ、火から下ろします。粗熱が取れたら卵を加えてハンドミキサーでかき混ぜます。生地の3分の2を星型の口金のついた絞り袋に入れ、残りを小さな丸口のついた絞り袋に入れます。

2. 星型の口金のついた絞り袋で、5〜6個の塊をクッキングシートを敷いた天板の上に搾り出します。予熱した175°Cのオーブンで7〜10分焼きます。

3. 小さな丸口のついた絞り袋で5〜6個の「2」をクッキングシートを敷いた天板の上に字を書きます。175°Cのオーブンで約20分焼きます。

4. 砕いたチョコレートに熱した生クリームを注ぎ入れて溶かし、しっかり混ぜてガナッシュを作ります。

5. クリームチーズ、バニラ、砂糖をハンドミキサーで混ぜます。ホイップクリームを優しく混ぜ合わせて、星型の口金のついた絞り袋に入れます。

6. シューの粗熱が取れたら上部をスライスし、中にガナシェとクリームミックスを入れます。「2」の下の部分をクリームミックスに突き刺して首と頭を作ります。

7. スライスした上部を真ん中で縦半分に切り、羽としてクリームミックスの上にのせます。粉砂糖をふりかけて出来上がりです。

クリームミックスと隠されたガナッシュがみんなを驚かせてくれます。昭和バージョンとはそこが少し違いますね。

おまけ動画のいちごを間に挟んだシュークリームのレシピはこちらです。

コメント

おすすめの記事