電子レンジで加熱しない方が良い食品7選

どこの家庭にもある電子レンジは、時短家事の強い味方です。でも電子レンジで加熱してはいけない食品が結構あるということをご存知でしたか?こうした食品を加熱していると、一歩間違えば食中毒や電子レンジや食器の破損、火災にまでなりかねません。

知って安心、電子レンジで温めない方が良い7つの食品をご紹介します。

Microwaving the chicken

1. 水

水を温めるには電子レンジが一番手っ取り早い方法です。でも電子レンジで熱くなった水による火傷事故はあとを断ちません。水は電子レンジで温めるとごく短時間で沸騰します。いざ水を電子レンジから出そうとして素手で触ると想像以上に熱くなっているのです。ガラス容器の破損も招くことがあるので、水を温めるにはポットが安全です。

Water Glass

2. ニンジン

洗って皮をむいたニンジンなら電子レンジにかけても問題はありません。でも、皮付きのニンジンを電子レンジにかけるのは絶対にオススメしません。もし皮に土がついていたら、土中の重金属が電子レンジの電磁波と反応してスパーク(火花)を起こすことがあります。

Carrots

3. トマトソース

トマトソースにはたくさんの水分が含まれています。食品中の水分量が多ければ多いほど、電子レンジで早く加熱されます。トマトソースの熱くなった水分子がソースの大きな泡を作り、電子レンジ内で盛大に破裂。こびりついて取れにくい汚れとなってしまいます。

One of THOSE Days

4. ゆで卵

ゆで卵は電子レンジにはかけてはいけない食品です。電子レンジは食品を内側から加熱するので、ゆで卵の内側の水分が沸騰し外へ膨張し続け最終的に爆発します。殻を割った生卵は、黄身に爪楊枝などで穴を開けてあげると爆発しにくくなります。

ゆで卵だけでなく、栗やなどの硬い殻を持つ食品も電子レンジで加熱すると盛大に爆発しますので絶対にやめましょう。

Eggs + Microwave = Mess

5. 加工肉製品

塩分や保存料がたっぷり入ったソーセージやハムなどの加工肉製品が健康にはあまりよろしくないことは多くの人の知るところ。でも電子レンジで加熱すると、さらに体には厄介な食品になってしまいます。電子レンジで加熱すると、もともと食べ物に含まれているコレステロールが酸化コレステロールに変化するのです。酸化コレステロールの増えた加工肉製品を食べ続ければ、心臓病や動脈硬化のリスクが上昇します。

Feeling dried?

6. 生の鶏肉の加熱

生の鶏肉はサルモネラ菌などの汚染のリスクがあるため、よく火を通すよう気を使いますよね。でも電子レンジでは均等に熱が入らず水分が抜けていくので、外側は固くてパサパサでも内側は生焼けという事態になります。特に大きな塊のまま加熱したい時は電子レンジはやめましょう。

DSCF5592

7. 生の唐辛子

唐辛子はご存知の通り辛味の成分カプサイシンが豊富に含まれています。実はこのカプサイシンは燃えやすい成分で、しかも生の唐辛子には水分がたくさん含まれているため電子レンジでは急速に加熱し、煙が出てきます。この煙には辛味の成分がたっぷり含まれているため、皮膚や目などの粘膜を傷つけ危険です。

Need to home dry a bunch of chili peppers. Any suggestion on how to do this with the (microwave) oven?

電子レンジを使わないレシピを探す方が難しいほど、私たちの生活と切っても切り離せない電子レンジ。ついつい何でも使ってしまいますが、使い方を間違えると危険な電子機器だということを忘れずではいけませんね。

電子レンジの簡単お掃除方法や裏ワザはこちらからもご覧ください↓

プレビュー画像: ©flickr/Palila ©flickr/Joe Loong

出典

brightside,

プレビュー画像: ©flickr/Palila ©flickr/Joe Loong

コメント

おすすめの記事