DIYラックのすき間収納でスペース節約

キッチンには収納しなければいけない材料や調理器具など、物が沢山あります。そのためスペースの節約ができるととても嬉しいですよね。冷蔵庫の隣に小さな隙間がある、でもそれに合った収納ラックがなかなか見つからないそんな時に作れるのが、すき間収納をかなえるキャスター付きの棚です。

必要なもの:

  • 木板
  • 有孔ボード
  • キャスター 4個
  • 丸棒
  • マスキングテープ
  • 取っ手

その他:

  • 木ネジ
  • 木工用ボンド
  • 紙やすり
  • スプレー塗料

作り方:

1. まず冷蔵庫と壁の間の隙間の幅を計測します。もちろん作る収納棚の大きさはそれぞれ違いますが、この作例では高さを120センチ、奥行きが60センチになるように木板を切り出し、枠組みを作ります。角を木ねじで固定します。

2. 枠の上下の板の大きさに合わせて、棚用の板を切り出します。利用する目的に合わせて棚の間の上下の間隔を決めます。木ネジで固定します。

3.収納時に一番下の段から物が出ないように、枠の下部にはまる大きさに板を切り出し、木ネジで固定します。

4. 有孔ボードを背面に釘で固定します。

5. キャスター4つを木ネジで固定します。

6. 角材を積み重ねて支えになる台を作り、丸棒を木工用ボンドで棚に接着して柵を作ります。ボンドが乾いたら角材の台を取り外します。

7. 紙やすりを全体にかけます。

8. マスキングテープで背面を養生して、スプレー塗料で好みに合わせて塗装します。

9. 前部にくるパネルに穴を開け、取っ手をネジで固定します。

10. 隙間に入れて完成です。

使える隙間に合わせて、狭い場合にはキャスターを2つを一列に配置したり、中に入れるものに合わせて柵の作り方を変えてみてください。

おまけ映像の詳細はこちらです。

コメント

おすすめの記事