ちえとくをフォローする

変幻自在な卵のおつまみレシピ3選

栄養満点で、世界中で愛される卵。調理の仕方によって変幻自在に形を変えるので、今でも新しいメニューがどんどん開発されています。今回はそんな卵を使ったおつまみレシピを3つ紹介します。ゆで卵を卵黄と卵白に分けてフライにしたり、ベイクドポテトに使ったり、新しいアイデアが勢ぞろい。夜食にもおかずにもおすすめです。それでは、卵が主役のレシピをお楽しみください。

1. デビルドエッグ揚げ

材料(6人前):

  • 固ゆで卵 3つ
  • 衣(小麦粉、溶き卵、砕いたコーンフレーク)
  • クリームチーズ 大さじ2〜3 常温
  • パプリカパウダー 小さじ1
  • チャイブ トッピング用

作り方:

1.1 固ゆで卵を半分に切り、卵黄を取り除きます。卵黄、クリームチーズ、パプリカパウダーをボウルに入れ、なめらかになるまで混ぜ合わせます。星型のノズルがついた絞り袋に移します。

1.2 鍋に揚げ油を入れて熱します。衣用の皿を3つ準備し、それぞれに砕いたコーンフレーク、小麦粉、溶き卵を入れます。半分にスライスした卵白に、小麦粉、卵、コーンフレークの順番で衣をつけます。

1.3 熱した油でこんがりするまで揚げます。

1.4 絞り袋に入れた卵黄ミックスを上に絞り、チャイブをトッピングすれば完成です。

2. じゃがいもの2度焼きに卵を入れて

材料(2人前):

  • じゃがいも 大 1個 オーブン焼きにする
  • チェダーチーズ すりおろし 50g
  • 塩こしょう 適量
  • バター 大さじ1 常温
  • 卵 2個
  • チャイブ トッピング

作り方:

2.1 オーブン焼きにしたじゃがいもを半分にスライスし、フォークで中身をほぐします。

2.2 オーブンを160℃に予熱します。ほぐしたジャガイモにバターを溶かし、その上にチェダーチーズ、塩こしょう、チャイブを加え、全体を混ぜます。真ん中にくぼみを作ったら、その中に卵を落とします。

2.3 水を張った耐熱式のボウルをオーブンに入れます。こうすることで卵に均等に火が通ります。じゃがいもをオーブンに移して30分焼き、チャイブで飾れば出来上がりです。

3. チーズ、ハム、卵のバスケット

材料(6人前):

  • 食パン 6枚
  • チェダーチーズ 100g 
  • ハム 6枚
  • 卵 6個
  • チャイブ トッピング用
  • バター

その他:

  • マフィン型

作り方:

3.1 オーブンを150℃に予熱します。マフィン型にバターを塗っておきます。こうすることで型から外しやすくなります。次に食パンの耳を切り落とします。

3.2 食パンの上にチェダーチーズをすりおろし、ハムを1枚のせます。マフィン型の上に置き、コップでくぼみに押し入れます。

3.3 その上に卵を落とします。残りの食パンでも同じ行程を繰り返します。

3.4 水を張った耐熱式のボウルをオーブンに入れます。こうすることで卵に均等に火が通ります。予熱したオーブンにマフィン型を移し、20分焼きます。取り皿に移したら、チャイブをトッピングして完成です。

卵の黄身がとろっと流れる瞬間は、いつ見てもワクワクしてしまいますよね。トッピングはどれもアレンジが効くものばかりなので、ぜひ自分なりの楽しみ方を見つけてみてください。

おまけ映像のご飯になるお食事クレームのレシピもお楽しみください。