ワンコ教育|愛犬に呼び戻しを覚えてもらう9つのコツ

ペットで犬を飼っているという人であれば、誰もが経験する犬のしつけ。中でも飼い主に名前を呼ばれたらすぐに戻る「呼び戻し」というしつけは、とても重要だと言われています。 この呼び戻しは、ドッグランや自宅で重宝するほか、お散歩中や旅先で、犬が迷子になったり危険な場所に走って行ってしまうといったトラブルの防止に役立つのです。

しかしそうはいっても犬にも個性があり、全ての犬がこの呼び戻しを簡単に習得できるわけではありません。そこで今回は、犬が呼び戻しを習得できる9つのコツを紹介します。

Dog Zoomies Up Close

1. わかりやすいサイン

散歩中であろうと、どんなに興味をそそるものがそこにあろうと、主人であるあなたに呼ばれたら真っ先に飛んでくるようにするためには、呼び戻しのサインは一貫して同じであることが大切です。呼び戻しのサインがコロコロ変わってしまうと犬は覚えることができません。サインは、単語1つ、または単語2つを組み合わせたもの、もしくはホイッスルと使うと◎。呼び戻しに使うサインはそれ以外では使わないようにしましょう。

2. 声のトーン

もし呼び戻しのしつけがなかなかうまく行かない場合、もしかしたら愛犬は主人であるあなたの声のトーンが低すぎて、怒られるのかも...と怯えているのかもしれません。呼び戻しをする時は、優しく、柔らかな声のトーンになるよう気をつけてください。そうすれば愛犬もきっと喜んで戻ってくるはずです。

Hiding

3. 繰り返しを避ける

呼び戻しの時は、何度もそのサインを発信するのではなく、1度きりのサインの方が効果的だと言われています。犬は1度きりのサインに対し、それが重要であると理解します。もし何度もサインが繰り返されると犬はそれが重要ではないと見なすのです。そして、サインを無視して好きなように振る舞ってしまいます。

4. リードをつけてトレーニング

呼び戻しのしつけの初期段階では、トレーニングはリードをつけたまま行います。というのも、愛犬が注意散漫になってしまった時に、リードを引っ張り声をかけることで、すぐさま注意を引き戻すことができるからです。(この時にかける言葉は呼び戻しのサインであってはいけません)愛犬が注意散漫だからと、ここで呼び戻しのサインをリードと併せて使ってしまうと、しつけはうまくいきません。

Abrufen beim Hund Schleppleinentraining

5. ジェスチャー

声だけでなく、犬は飼い主のジェスチャーもよく見ています。もしあなたの態度が怖いと、犬はあなたを恐れて近寄ってきません。愛犬を呼ぶ時は、立ってもしゃがんでも構いませんが、犬の方をしっかりと向いて、上半身はまっすぐが少し後ろに倒した体勢がいいでしょう。

6. きちんと褒める

もし愛犬があなたの元に戻って来たら、愛犬にこの行動をするといいことがあると思わせるのがポイントです。この時はケチらずに愛犬が大好きなおやつをあげるようにしましょう。ここで与えたおやつは、呼び戻しのしつけが完了するまで他の場面では与えないようにします。

Levi tolerates a hug

7. すぐにリードにつながない

リードをつけてのトレーニングが終わってる場合、愛犬が呼び戻しに反応するようになってもすぐにリードにつなげることはおすすめしません。すぐにつながれてしまった愛犬は、呼ばれて戻る=つながれてしまうという風に捉えてしまうからです。

8. 決して罰を与えない

すぐにリードにつなぐ行為よりも、もっと良くないのが愛犬に対して罰を与えること。呼び戻しのトレーニングの最初はうまく行かず、これが永遠に続くのではなんて思ってつい愛犬に対して怒ってしまいそうになるものです。しかし、愛犬が呼び戻しのサインに反応するまでは、絶対に怒ることなく、愛犬を褒めてあげてください。そうすれば、このトレーニングを楽しいものと捉えて、進歩を見せてくれるはずです。

RJ

9. 気を引くもので訓練する

犬は好奇心旺盛でいつも何かの匂いを嗅いでは、ズンズン進んでいくもの。しかし、このように犬の気を引くものがない状態での呼び戻しトレーニングは、いざと言う時に機能しません。最初は呼び戻しのサインを覚えるためにも、気を引くものを遠ざけてトレーニングをします。しかし、慣れてきたらわざと犬の気を引くようなものを準備し、そんな状況下でも飼い主の元へサインを聞いたらすぐに戻ってくるようトレーニングをする必要があります。

West Hollywood Park Off-leash Dog Parks Grand Opening

大切な愛犬を危険な状況から守ることにもつながる呼び戻し。今回紹介した9つのコツはどれも難しいものではありません。トレーニングが初めからうまくいくことは、まずありません。少しずつ難易度をあげ、その都度できたことを褒めてあげてください。愛犬がこれは楽しい、と乗り気になればこっちのもの。呼び戻しを立派に習得してくれるはずです。

また、犬のしつけ以外にも、知っておきたい犬の苦手な10の項目犬の健康にいい食べ物8つもご覧ください。

プレビュー画像: © Flickr/Eric Sonstroem

出典

deinwegmithund,

martinruetter,

プレビュー画像: © Flickr/Eric Sonstroem

コメント

おすすめの記事