Connect with us

Lifehacks

ネバネバ成分が牡蠣をコーティング|お鍋に入れる牡蠣をふっくらと仕上げる方法

濃厚でクリーミーな味わいと高い栄養価から「海のミルク」とも呼ばれる牡蠣。新陳代謝を促進し、免疫力を高めてくれる亜鉛や肝機能を高め疲労回復効果が期待できるグリコーゲン、また貧血防止に嬉しい鉄分を多く含んでいます。


キッチンで使える便利な裏ワザ動画はこちらから!(記事の続きはスクロールしてご覧ください)


栄養がたっぷり詰まった牡蠣は、新鮮なものを生で食べたりレンチンしてレモン汁やポン酢で食べる他、フライやお鍋に入れても美味しいですよね。

でも火を通すと身が縮んでしまう牡蠣。せっかくなら、加熱しても柔らかくふっくらとした食感を味わいたいものです。以前、ちえとくでは牡蠣の身がふっくら仕上がる下処理の方法を紹介しましたが今回紹介するのは、蓮根を使った方法。

牡蠣をお鍋に入れる時に、蓮根のすりおろしを一緒に入れると牡蠣の身が縮まずにふっくらと仕上がるのだそう。

これは蓮根に含まれるムチンと言う成分によるもの。納豆やオクラにも含まれるネバネバ物質が、牡蠣をコーティングしてくれるため水分の流出を防ぎ、ふっくらプリプリのままに仕上げてくるのです。この方法なら水分とともに旨味が逃げ出すことも防げるため、その美味しさをしっかりと味わうことができます。

また、ムチンには他にも胃腸改善、消化促進、滋養強壮に効果がある他、粘膜を保護する働きを持っています。ムチンは体の粘液と似ていることから、花粉が粘膜につくのを防いでくれ花粉症の症状を和らげてくれる効果も期待できるそうです。

ムチン以外にも、熱に強いビタミンCや抗酸化作用のあるタンニンと呼ばれるポリフェノールも含む蓮根は、体に優しい優秀野菜。牡蠣を美味しく食べることができ、体にも嬉しい効果たっぷりの蓮根のすりおろしを使った方法、ぜひ試してみてください。

プレビュー画像:©︎Twitter/tashi0xtashi0