サボイキャベツで作ったラザニア風お食事ケーキのレシピ

サボイキャベツ、またの名は「ちりめんキャベツ」。その名の通り葉が縮緬状になっており、しっかりとした歯ごたえでロールキャベツなどの煮込み料理に最適です。そんなサボイキャベツでボリュームタップリのラザニア風お食事ケーキを作りました。キャベツと肉をセットした鍋ごとオーブンで焼く豪快レシピです。

材料:

  • サボイキャベツ 1個
  • じゃがいも 300g
  • チーズ 125g
  • ひき肉 500g
  • にんにく 1片
  • パプリカパウダー 大さじ2
  • クミン 小さじ1
  • 塩 適量
  • こしょう 適量
  • ベシャメルソース 500ml
  • ラザニアシート 4〜6枚
  • バター 80g
  • パルメザンチーズ 75g 

作り方:

1. 大きな鍋に湯を沸かし、サボイキャベツを逆さまに入れて約10分茹でます。

2. 新しい湯でラザニアシートを2分茹で、皮を剥いたじゃがいもを10〜12分茹でて薄切りにします。サボイキャベツは冷めたら葉を剥がします。

3. フライパンに油を引いてひき肉を炒め、細かく刻んだにんにく、パプリカパウダー、クミン、塩こしょうを加えてさらに炒めます。

4. 鍋にサボイキャベツの葉を敷き、じゃがいものスライスをのせます。

5. さらにチーズ、炒めたひき肉、ちぎったサボイキャベツ、ベシャメルソース、ラザニアシートの順で重ねます。

6. もう一度4と5の手順を繰り返します。

7. 上に1〜2枚サボイキャベツの葉をのせ、周りの葉を被せます。バターの塊をのせ、予熱した180 °Cのオーブン(対流式の場合)で20分焼きます。ベシャメルソースとパルメザンチーズをのせて、さらに20分焼いて完成です。

ラザニアシートを中途半端に使っているのは、まさにシートが足りなくなったからです。もちろんシートがない場合にはサボイキャベツの葉だけで作れます。

おまけ映像のレシピはこちらです。

コメント

おすすめの記事