丸鶏をマリネしてパイナップルに座らせて作るホールチキン・グリルのレシピ

丸鶏をグリルするって豪快ですよね!?このレシピではパイナップルの台座を作り、そこに座らせて焼きます。こうすることによって火がよくまわり、パイナップルの酵素によって肉がジューシーで柔らかくなります。スライスした果肉はサイコロ切りにしてサルサと一緒に頂きます。夏にぴったりの豪快メニューです!

材料:

  • パイナップル 1個
  • 丸鶏 1羽 (1~1.3kg)
  • 醤油 60ml
  • 中ざら糖 75g
  • パイナップルジュース 80ml
  • 生姜 大さじ1
  • にんにく 大さじ1

サルサ:

  • 赤玉ねぎ 100g
  • 唐辛子 1本
  • アボカド 1個
  • ライム 半個

作り方:

1. フライパンに醤油、中ざら糖、パイナップルジュース、細かく刻んだ生姜とにんにくを入れて5分煮詰めます。マリネを冷まし、オーブン(対流式の場合)を220 °Cで予熱します。

2. パイナップルの上部をスライスし、下の部分3分の1程度を残して側面を削いで、鶏のための四角い台座を作ります。

3. 丸鶏を台座に乗せてマリネを塗ります。

4. 木の串などでパイナップルの上の部分を丸鶏の上に固定し、15分焼きます。再びマリネを塗り、オーブンの温度を190 °まで落とし、さらに45分焼きます。10分オーブンを開けてそのままにしておきます。

5. 削いだパイナップルをサイコロ切りにし、刻んだ赤玉ねぎ、唐辛子、アボカド、ライムの絞り汁を混ぜてサルサを作ります。鶏肉を切り分けてサルサとともに皿に乗せて完成です。

とうもろこしを焼いたりして添えると気分は完璧に夏!冷えたビールと一緒に美味しく頂きましょう。

おまけ映像のレシピはこちらです。

コメント

おすすめの記事