ちえとくをフォローする

Lifehacks

桃を美味しく長持ちさせる保存法

瑞々しく程良い甘味を持つ夏のフルーツたちは、美味しいだけでなく暑さで疲れた体を癒してくれる頼もしい食材でもあります。中でも、上品な香りと甘味たっぷりな桃は人気の果物。この季節から出回り、夏の終わりまで楽しめる桃を毎年心待ちにしているという人も多いはず。

でも、日持ちがしないフルーツの代表格でもある桃は、熟れたものは3日くらいを過ぎると傷んできてしまいます。また、冷蔵庫に入れておくと甘味が抜けてしまうため、できるだけ涼しいところで常温保存、というのが基本です。

そのため、旬の桃をたくさんいただいた時や、直売所でお得にたくさん手に入った時など、痛む前にと慌てて食べた経験があるという方が多くいるのではないでしょうか。美味しい桃を慌てて食べるのも、季節限定を味わううちのひとつとして楽しむのもいいですが、せっかくなら急かされずに食べたいですよね。

そんな時におすすめなのが、アルミホイルを使った桃の保存法。桃をアルミホイルでぴっちりと包むことで、2週間ほど美味しく食べられるそうです。

アルミホイルで桃をぴっちりと包み冷蔵庫に入れることで、低温により桃の呼吸が抑制され休眠状態となり、熟成を促す働きのあるエチレンガスの発生が抑えられ、熟して痛んでしまうのを防ぐ作用があると考えられています。また、アルミホイルが外気を遮断する分、桃の乾燥防止にも役立つとのこと。

アルミホイルで包んだ後は、桃のお尻部分を上向き(ヘタ部分が下にくる)にして冷蔵庫に置きます。桃はお尻側から熟れて、自身の重みで傷んでいきます。(注意:既に完熟している桃の場合はこちらの方法は不向きです。追熟が必要なかたい桃やかための品種の桃をこの方法で保存するようにしてください)

簡単にできる桃の保存法。これからの季節に役立ちそうです。

桃のつるりむきを紹介した記事はこちらから:

 

プレビュー画像:©︎Twitter/shirosukesan