ちえとくをフォローする

バスルーム・洗濯

洗濯なし|ぬいぐるみの簡単ダニ対策

子供やペットのおもちゃのぬいぐるみ。使っているうちに段々と匂いや汚れ、またダニが気になってきます。特にぬいぐるみは、布団などの寝具の次にダニが多い場所と言われ、子供が遊んでいる時にぬいぐるみに付着する汗や皮脂、髪の毛、おやつの食べかすなどが餌となりダニが集まってくるそうです。

ダニは熱と乾燥に弱いことから、洗濯が最も効果的と言われています。でも、洗濯機に入るサイズで洗える素材のぬいぐるみならまだしも、大きなサイズであったり、デリケートな素材のものは、そう簡単にはいきませんよね。

夏の強い日差しを利用してダニ退治

なかなか一筋縄ではいかないぬいぐるみの洗濯。でも、これから紹介する方法なら、洗濯をせずともダニ退治が簡単にできるというのです。

それが、夏の炎天下を利用したこちらの方法です!

ぺと𓆝𓆟𓆜𓆞さん(@petopetoaomushi)が紹介したのは、暑い夏の日の高温と日差しを利用して、ぬいぐるみに潜むダニを退治するという方法です。

ぬいぐるみをビニール袋に入れ炎天下で30分以上放置しておくと、袋内の温度はどんどん上昇し、ダニを死滅させることができるとのこと。

天日干し後、ダニの死骸やフンはアレルギー疾患の原因となるため、掃除機を使いしっかりと吸い取り、ブラッシングをすれば、ぬいぐるみのダニ駆除が完了です。

熱と乾燥に弱いダニ

ダニは熱と乾燥に弱いとされ、一般的にはぬいぐるみのダニを駆除するには、50℃以上のお湯で洗濯をするのが最も効果的と言われています。

しかし、ぬいぐるみが洗濯機に入らなかったり、水温設定ができない洗濯機の場合では、ダニを死滅させるための洗濯をすることができません。

夏の日で外気温が30度以上になるような日は、ビニール袋を使えば、炎天下での袋内の温度は50度〜60度まで上昇します。そのため、今回紹介した方法を利用すれば、洗濯なしでダニを駆除することができます。

注意:天日干しにする方法は、電池などが内蔵されたぬいぐるみには、故障の原因となる可能性があるため、利用しないようにしてください。

簡単にできるぬいぐるみのダニ対策。洗濯の手間や干す手間も省ける時短ワザでもあります。ぜひ試してみてくださいね。なお、炎天下での作業中はくれぐれも熱中症にご注意ください。

重曹を使ったぬいぐるみの汚れ落としを紹介した記事も是非ご覧ください。

プレビュー画像:©︎Twitter/petopetoaomushi
出典:shufuse, [email protected]