鶏カツとチーズを重ねたキャセロールのレシピ

鶏むね肉をカリカリのコーンフレークの衣で包んだ「鶏カツ」を、ちぎったモッツァレラチーズ、トマトソースと三重に重ねてキャセロールで焼くガッツリ料理。手作りするトマトソースにもクリームチーズをたっぷり入れるので、チーズ好きな人にたまらないレシピです。

材料:

鶏カツ:

  • 鶏むね肉 3枚
  • 牛乳 250ml
  • 卵 1個
  • パン粉 300g
  • コーンフレーク 100g
  • こしょう

トマトソース:

  • トマト 5個
  • 玉ねぎ 1個
  • にんにく 2片
  • 水 1リットル
  • こしょう
  • クリームチーズ 80g
  • バジル ひとつかみ

その他:

  • モッツァレラチーズ 4個

作り方

1. 鶏肉の真ん中に水平に切り込みを入れて開き、叩いて伸ばします。

2. 牛乳に卵を溶いて鶏肉を浸します。

3. パン粉に細かく砕いたコーンフレークを混ぜ、塩こしょうを加えます。

4. 鶏肉をパン粉のミックスに移して絡めます。

5. 熱した油でキツネ色になるまで揚げます。

6. 鍋にトマト、玉ねぎ、にんにく、水、塩こしょうを入れて、水の量が約3分の1になるまで煮込みます。

7. 煮込んだものをミキサーに入れ、クリームチーズとバジルを加えてミックスしてソースを作ります。

8. 鶏カツを切って耐熱容器に並べてトマトソースをかけ、ちぎったモッツァレラチーズを振りかけます。これを3回繰り返します。

9. 予熱した180 °Cのオーブン(対流式の場合)で20分焼き、上面のグリルだけをオンにしてチーズに軽く焦げ目ができるまで焼いて完成です。

チーズが綺麗に糸を引く熱々のうちに召し上がりください!

おまけ映像のレシピはこちらです。

コメント

おすすめの記事