野菜と果物の皮むきトリック7選

ライチやマンゴー、キウィなど南国のフルーツ。甘くて美味しいけれど、手で皮を剥くとベトベトになりますよね。ここでは、意外な方法で野菜と果物を皮むきするトリックを7本紹介します。この裏ワザを使えば時間も節約できて、手もあんまり汚れません。

1. ライチの皮むき

爪楊枝をライチのヘタの近くに刺し、皮が剥がれるまでひねります。剥がれたら、つまんで果肉を取り出します。

2. パプリカのへたと芯を取る

パプリカを半分に切ります。ヘタの上部にスプーンを突き刺せば、芯も一回でまとめてくり抜くことができます。

3. 玉ねぎ

玉ねぎの両端を切り落とし、外皮の一部に切り込みを入れて、一部分をくり抜きます。そこからめくれば、つるっと時短で皮むきが完了!

4. 卵の皮むき

幅が広いセロテープで卵を巻き、軽く抑えながら転がして殻にひびを作ります。テープを剥がせば、殻がテープに引っ付き、つるんと皮むきができます。

5. キウィの皮むき

キウィの両端を切り落とし、果肉と皮の間にスプーンを入れて、皮に沿うようにスプーンを一周すべらせます。こうすることで簡単に果肉が取り出せます。

6. マンゴーの皮むき

硬貨をマンゴーの皮に軽く擦り付けます。こうすることで皮下の果肉に軽く圧力を加えることができます。爪楊枝で縦に細い切り目を入れてマンゴーを開くと、驚くほど簡単に果肉が取り外せます。

7. アーモンドの皮むき

アーモンドを熱湯に入れます。水の熱が冷めたら、アーモンドから簡単に皮が剥けるようになっています。

これらの皮むきトリックは簡単にできるので、お近くのフルーツでぜひ試してみてください。

食べ物を使った裏ワザがもっと気になる方は、下記のおまけ映像もお楽しみください。

コメント

おすすめの記事