ちえとくをフォローする

DIY

ゆるいズボンのゴム交換が一瞬で完了するライフハック

子供の体操服や学校ジャージのズボン、またパジャマのズボンのゴムがゆるゆる…なんてことありますよね。衣類の伸び切ったゴム交換は、簡単そうに思えて実は結構地味で苦戦する作業。ゆるゆるになったゴムはシュルシュル〜と取れるのに、ゴム通し穴から新しいゴムを通す作業はなかなかうまくいきません。

また、ゴム通しなどの道具があればうまくいきますが、ないときはクリップを使った地道な作業に。途中でクリップがゴムから外れたりしたら、再び最初からやり直し、なんてことも。

そんな地味で案外時間のかかるゴム通しの作業ですが、ある裏ワザを使うと、あっという間に交換できてしまうとネットを中心に話題になっています。

その方法がこちら!

このライフハックを紹介したのは、Twitterユーザーのたびさん(@chip_akt)。

「古いゴム切ったら片方に新しいゴムを結び、結んでない方をぐーっと引っ張る」

この裏ワザを聞いた時、ハッとしたという人も多いのではないでしょうか。シュルシュル〜と抜けていく古いゴムに新しいゴムを結びつけて引っ張れば、あっという間にゴムの入れ替え完了です!しかも一気にゴムが入れ替わる事を想像すると、なんだか気分もスッキリして楽しそうです。

[email protected]_akt

「どうして今まで思い付かなかったんだろう…」と思わず呟いてしまいそうになるこの画期的な方法に、多くのユーザーからも「天才!」「目から鱗!」などと反響が寄せられています。

言われてみれば納得!な便利な裏ワザ。ゴムが伸びたズボンがあった…なんて方は早速試してみてください。

「裁縫」に関する以下の記事もぜひご覧ください。

もう玉止めで困らない|簡単・便利な裁縫の裏ワザ

プレビュー画像:©︎Twitter/chip_akt

出典:[email protected]_akt