「使い捨て文化」を見直そう!キッチンや生活の使い捨てをやめるアイデアと代用品

使い捨てゴミやプラスチック製品による海洋汚染が世界規模で深刻な問題になっています。そのため、世界各地で、企業単位、都市単位、国単位での取り組みがはじまっています。 たとえば、ドイツのカフェではリユースできるデポジット式のカップの利用が始まりました。

そんななか、私たち個人ができることは、「使い捨て文化」を見直し、生活のなかで使い捨て製品の消費を減らしていくこと。今は多くの企業が代用品を開発しているので、使い捨てをやめるのは意外に簡単なんです。なによりも、今始めないと次の世代に綺麗な海を残すことはできなくなってしまいます。


知って得する豆知識や、思わず試したくなる「目からウロコ」の役立つ裏技・アイデアがいっぱいな動画はこちらからご覧いただけます(記事本文は下へスクロールしてください)。

 


この記事では、キッチンや生活での使い捨てをやめるアイデアと代用品をご紹介していきます。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Sobo Wastebusters (@sobowastebusters) am

1. 使い捨てキッチンペーパー

キッチンペーパーは便利ですが、1度使えばゴミになります。食器拭きや台拭きには昔ながらの布巾を使いましょう。洗って乾かせば何度でも使えます。でも布巾は煮沸消毒などが面倒…という場合は、洗って繰り返し使える耐久性のあるキッチンタオルが販売されています。

フライパンに残った油などを吸い取る場合は、新聞紙やチラシをくしゃくしゃに丸め、それを広げて使うとキッチンペーパーの代わりになります。コンロ周りの掃除などにもオススメです。

Paper towel

2. アルミホイル

アルミは製造に大量のエネルギーを使う貴重な資源なので、使い捨てのアルミホイルの消費はできるだけ避けたいもの。代用品が使えないか考えてみましょう。たとえば、おにぎりやサンドイッチを包むなら蜜蝋(ミツロウ)ラップが理想的です。再利用でき、手で温めるように押さえればピタッとくっつきます。

オーブン料理などには、直火やオーブンでも使えるガラスやホーロー容器を使ってみてはいかがでしょうか。

Partly-cooked turkey

3. お掃除シート

古いTシャツやシャツ、穴のあいたタオルなどを適当な大きさにカットしてあらかじめ用意しておけば、お掃除シートの代わりに使えます。

Cleaning stock photo

4. ラップ

アルミホイルの代わりに使える代替品のほとんどは、ラップの代わりにも使えます。おにぎりや果物などを包むときは、ミツロウラップを試してみてください。ミツロウラップは色々な企業から販売されていますが、自宅でカンタンにつくることもできます。作り方はこちらをご覧ください。

食品に蓋をして電子レンジにかけたいときは、シリコンラップが便利です。

5. タッパー

タッパーウェアは実用的ですが、経年劣化し、いつかはプラスチックのゴミになります。次に買うなら、ガラス製やホーロー製の容器に切り替えてみませんか?

tupperware

6. ペーパーナプキン

食事中に口や手を拭くのに使うペーパーナプキンは、たった一度使えばゴミ箱行きです。紙製ナプキンの代わりに、普段はハンカチを、ゲストを招いてのディナーやランチでは布製のナプキンに切り替えてみてはいかがでしょう。エコなのはもちろん、使い心地もアップ、見た目もシックです。

Fabric Napkins. Buy here: http://www.nordictouch.co.uk/products.php?Category=26

まずは手軽な代用品を使って、使い捨てをひとつずつやめてみませんか?やってみると「意外に簡単!」と思う人が多いようです。そういえば、エコバッグも最近はすっかり生活に馴染んできましたね。

プレビュー画像: ©flickr/Amber Strocel ©flickr/eltpics

出典

プレビュー画像: ©flickr/Amber Strocel ©flickr/eltpics

コメント

おすすめの記事