Connect with us

DIY

発泡スチロールでハロウィン飾りを手作り

今年もやってきたハロウィーンのシーズン。仮想パーティはまだできないかもしれませんが、ハロウィン飾りを使って雰囲気を楽しむことはできますよね。発泡スチロールを使ったハロウィン飾りの作り方を紹介します。カボチャの形のデコレーションを食虫植物の形にして、ペンキで色を塗ります。子供と一緒にできる手作りのハロウィン飾りです。

材料:

  • 発泡スチロールのカボチャ飾り 3つ 
  • クラフト用カッター
  • 塗料
  • フェイクグリーン
  • 針金
  • クレイクラフト
  • クレープ紙 緑
  • テープ
  • ホットグルー
  • フック

作り方:

1. クラフト用のカッターを使って、カボチャを食虫植物のような形にカットします。ギザギザの歯をつけて、迫力をつけましょう。

2. 塗料を使って、食虫植物に恐ろしい色をつけます。口の中も忘れずに!

3. 針金を曲げて、グネグネとした茎の形を作ります。そこにクレイクラフトを取り付けて、フェイクグリーンを差し込みます。

4. クレープ紙をクレイに巻きつけてテープで固定します。

5. カボチャのヘタの部分を取り除き、茎をホットグルーで取り付ければ完成です。フックを使って扉にかけ、あとはお菓子を入れて子どもたちの到着を待つだけ。こうすればわざわざ扉を開かなくても、ハロウィンの気分をアップさせることができますよね。

家のまえに恐ろしい食虫植物のお菓子置きがあると、きっとみんな驚くことでしょう!

こちらのおまけ映像もお楽しみください。