目からうろこの植物の裏ワザ8選

春は園芸の季節!植物に元気がなくなったときの驚きの対処法や、ハーブポットを手作りする方法など、目からウロコの植物にまつわる裏ワザを8本紹介します。アロエやバナナ、髪の毛を養分にするライフハックには、特にびっくりしてしまうはずです。

1. バナナ養分

必要なもの:

  • バナナ
  • カッター

やり方:

1.1 カッターでバナナの皮を四角く切り取り、その中に植物の根っこを入れます。その周りをカットします、

1.2 バナナごと植物を園芸用土に埋めます。バナナに含まれる養分で、みるみる元気になります。

2. 折れた葉っぱをくっつける

必要なもの:

  • カッター
  • 竹串
  • クリップ

やり方:

2.1 折れた葉っぱの先をカッターで細く削ります。

2.2 茎の折れた部分を竹串で刺します。

2.3 穴に尖らせた部分を刺して、クリップで留めます。しばらくすると、折れた部分がくっついているはずです。

3. 蘭の花を咲かす

必要なもの:

  • ココナッツファイバー
  • タコ糸

作り方:

3.1 蘭の根っこを苔とココナッツファイバーで包み、タコ糸で縛ります。

3.2 蘭を二日ほどぶら下げておきます。ストレスをかけることで、開花を促進します。

4.ペットボトルで ハーブポット

必要なもの:

  • ペットボトル
  • カッター
  • コーヒーフィルター
  • 竹串
  • 穴あけパンチ
  • タコ糸
  • 園芸用土

作り方:

4.1 ペットボトルをカットし、注ぎ口にコーヒーフィルターを折って入れます。

4.2 穴あけパンチで左右の同じ箇所に2つ穴を開けます。

4.3 タコ糸を2本通し、結んで落ちないようにします。同じ行程を繰り返し、ペットボトルの数を増やします。

4.4 園芸用土とお好みのハーブを入れます。

4.5 天井からぶら下げれば、手作りハーブポットの出来上がりです。一番上のポットから水を注げば、ペットボトルの注ぎ口から水が滴り落ち、全てのポットに行き渡ります。一番下のポットには蓋をして、水がこぼれないようにします。

5. アロエで養分補給

必要なもの:

  • アロエ

やり方:

5.1 元気の無くなったバラの葉っぱと茎を切り落とします。

5.2 アロエをカットし、中に薔薇の茎を突き刺します。

5.3 アロエごと園芸用土に埋めます。アロエの養分を吸って、バラがどんどん元気に!

6.セントポーリアを繁殖させる

必要なもの :

  • セントポーリアの葉っぱ
  • 園芸用土

やり方:

6.1セントポーリアの葉っぱを園芸用土に埋めます。霧吹きで水を吹きかけ、4週間経つと葉っぱの先から根っこが生えています。

6.2 根っこが生えたら別のポットに入れ替えて育てましょう。

7. タンクで手作りじょうろ

必要なもの:

  • プラスチックタンク
  • ドライバー
  • ライター

作り方:

ドライバーをライターで熱し、プラスチックタンクの蓋に穴をいくつか開けます。これで手作りじょうろの完成です。

8. 髪の毛で栄養補給

必要なもの:

  • 落ちた髪の毛

作り方:

ヘアブラシなどに絡まった髪の毛を土の上に入れてみましょう。髪の毛に含まれる窒素が植物の成長を促進させます。

いかがでしたか?アロエから養分が補給できるなんて、驚きですよね。気になる方は、ぜひ試してみてください。

こちらの植物にまつわるおまけ映像もお楽しみください。

コメント

おすすめの記事