ちえとくをフォローする

Lifehacks

めんつゆの使用期限に注意|勝手に蓋が開いて冷蔵庫が大変なことになるかも

麺料理や味つけ卵、また煮物に炒め物など、1本あると何かと便利なのがめんつゆです。特に暑い夏の季節は、冷たい麺類のつけつゆに大活躍しますよね。

でも、このめんつゆ、意外と保管には気をつけなくてはいけないというのです。みなさん購入しためんつゆ、どれくらいのスピードで使い切っていますか?実は市販されているめんつゆは、保存料や防腐剤を使用していないものが多く、開封後は冷蔵保存、そしてなるべく早く使い切る必要があるそうです。

めんつゆにも様々なタイプがありますが、薄めずそのまま使えるタイプのストレートタイプは水分量がもともと多く、開封後は3日を目安に使い切った方がいいとのこと。

3日とは、まるで生鮮食品のようですが、濃縮タイプだともう少し使用期限は長くなります。めんつゆのタイプ別、開封後の使用期限の目安は以下の通り。(お使いのメーカーによって違いがあるため、パッケージをよくご覧ください

・ストレートタイプ 3日
・2倍濃縮 2週間
・3倍、4倍濃縮 1〜2ヶ月

水で薄めて使用する濃縮タイプは、塩分濃度が高いため日持ちはしますが、開封して空気に触れることで、空気中の微生物酵母や乳酸菌などが侵入し、増殖することもあるため、上記を目安に使い切るようにします。

意外と日持ちがしないということがわかっためんつゆですが、冷蔵庫で保管していためんつゆが、蓋を閉めたはずが蓋が開いていたということありませんか?

実は、これは傷んだめんつゆから発生したガスが原因で起こる現象。蓋が開いていたというだけであればいいのですが、ひどい時には、冷蔵庫内で爆発して庫内が麺つゆ浸しになってしまうということも起こりうるのです。

また、保存料や防腐剤が入っていないめんつゆは開封後は冷蔵保存が鉄則。開封済み、常温で保存してしまうと、めんつゆの発酵が進み、めんつゆの爆発につながります。

この他にも、めんつゆが傷んでいるサインとしては、カビによる濁りの発生、酸っぱい香りや変色、酸味などが挙げられます。こういった場合は、もったいないですが破棄して食べないようにしてください。

なかなか使いきれないという場合は、製氷皿を使い冷凍するのがおすすめです。風味は少し落ちてしまいますが、破棄せずに使い切ることができます。使用するときは、冷蔵庫に移して解凍するか、火を使った料理に使用するときは、そのまま凍ったまま使うことができます。

一人暮らしの場合は、特にめんつゆをそんなに早く使いきれなくて困るという方もいると思います。その場合は、開封後の使用期限が長い濃縮タイプにする、また冷凍や、めんつゆを使ったレシピを利用するなど工夫をするようにしたいですね。冷蔵庫にめんつゆがあるという方は使用期限に気をつけるようにしてください。

めんつゆ使い切りにおすすめな記事はこちらから。

プレビュー画像:©︎Pinterest/Sabine Adamy

めんつゆの使用期限に注意|勝手に蓋が開いて冷蔵庫が大変なことになるかもめんつゆの使用期限に注意|勝手に蓋が開いて冷蔵庫が大変なことになるかも