斬新で面白いパスタレシピ6選

みんなに人気のパスタを斬新な面白い方法で楽しめるレシピを集めました。お食事ケーキからバーガー、さらには製氷皿を使って作るレシピもあります。

1. ツィーテ・クグロフ

クグロフとはオーストリア、ドイツ、フランスのアルザスで伝統的なケーキ作りに使われる、斜めにうねりのある蛇の目の型のことです。 この型で作るデザートは見事な王冠型になりますが、今回はこの型でメインディッシュを作ります。豪華に生ハムを使い、ツィーテというロングマカロニを合わせて食感も楽しい逸品です。レシピの詳細はこちらです。

2. スパゲッティバーガー

1971年に日本で最初のマクドナルドが開店してから、ハンバーガーは瞬く間に日本の食生活に浸透していきました。1987年にはモスバーガーがパンの代わりにライスをバンズとして使ったライスバーガーを販売開始。その魅力はアジアにも広まっています。そのバンズにイタリアンなひねりを入れたのがスパゲッティで作ったバンズ。今回はフルケーキサイズの特大バーガーを作ってみました。レシピの詳細はこちらです。

3. ゴルゴンゾーラ・マカロニケーキ

こちらもツィーテを使ったレシピです。 このパスタをグルグル巻きにしてキッシュにしました。イタリアの誇るブルーチーズであるゴルゴンゾーラチーズをたっぷり使ったソースと、ベビースピナッチで作ったほうれん草炒めが食欲をそそります。レシピの詳細はこちらです。

4. マックンチーズ・パンケーキ

とってもアメリカンな2つの料理、マカロニチーズとパンケーキを合体させるとこうなります!レシピの詳細はこちらです。

5. ストロガノフ・バーガー

ハンバーガーは、子供にも大人にも大人気なファストフードの王様ですが、好きな具材を揃えて自宅で作るハンバーガーもまた格別です。 でもバンズから作るのはちょっと面倒ですよね。だったらちょっと太めのパスタを茹でて、バンズにしてしまいましょう!

ボリュームたっぷりの牛肉パティに「ビーフストロガノフ」をイメージしたクリームソースをかけて、カリカリもちもちのパスタバンズに挟んでいただきます。パスタ、ハンバーグ、ストロガノフの融合です!レシピの詳細はこちらです。

6. 製氷皿で手作りラビオリ

イタリアンの定番ラビオリを手作りで、それも製氷皿を使って作ってしまいます。デュラムセモリナ粉を使ったフレッシュなパスタはもちもちしていてソースが絡みます。 フィリングは定番の挽肉と濃厚なチーズを使ったほうれん草。出来立ての美味しさは作る価値ありです!レシピの詳細はこちらです。

いつものパスタやスパゲッティに一工夫で、見た目も食感も全然違う楽しい一品が出来上がります。

コメント

おすすめの記事