ちえとくをフォローする

料理のヒント

包丁要らず|しめじの石づきを無駄なく綺麗に取る方法

スーパーで1年中買えてしかも安価なしめじは、うまみがたっぷりで、おみそ汁や炊き込みご飯、炒め物や煮物、パスタなどさまざまな料理に使える家計の強い味方。さらに、食物繊維やビタミンB2など栄養もたっぷりで体に嬉しい食材でもあります。

そんな家計&健康にとって心強いしめじですが、みなさん調理する時に石づきはどのように取り除いていますか?

しめじの石づきは、しめじの軸の先端の硬い部分からきのこが地面や木に接していた根本までの部分のこと。この石づき部分は、株の中央部分にかけて高くなっているため、取り除くために包丁でざっくり切り落としたり、使う分だけ手で割いて石づきを切り落とした時、案外軸の部分もけっこう切り落としてしまうことがあります。

そこで今回は、しめじの軸部分だけを綺麗に取り除くあっと驚く方法をご紹介します。

それがこちらです

Twitterユーザーのしまこさん(@shimako05)が紹介したのは、しめじを真ん中から抜き取るという方法。

しめじの石づきを取り除く方法1
Twitter/shimako05

こうすることで、しめじが軸ごと綺麗に石づきから取れ、包丁を使った時のように軸部分をもったいなく切り落としてしまうことがなくなるのだそう。

Twitter/shimako05

中心から抜くように軸を取り除くと、残った石づき部分は、思っていた以上に小さいことがわかります。これを見ると、これまで包丁で切り取っていた部分はまだまだ食べられる部分があったことに気が付きます。

残ったしめじの石づき
Twitter/shimako05

また、しまこさんはこうして石づきを取り除いたしめじはアイラップに入れ、冷凍保存するとのこと。以前こちらで紹介したように、きのこは冷凍することで細胞膜が壊れ、うまみ成分である酵素の働きがアップ。うまみや香りがぐっと増すと言われています。

しめじはきのこの中でも、冷蔵でも品質保持が難しいと言われ、一週間程度で食べてしまわないと、ところどころが傷んできてしまいます。そのため、こうして石づきから取り外して冷凍しておけば、しめじを無駄にすることなく使い切ることができます。冷凍した場合、1ヶ月から3ヶ月程度は保存しても問題はないそうです。

また、取り除いた石づきですがおがくずなどのゴミを取り除けば実は食べれないことはないそうです。しめじの石づきを水で煮込めば、旨みたっぷりのベジブロスを作ることができます。

しめじを無駄なく使う簡単ワザ、みなさんもぜひ試してみてください。

きのこに関する記事は以下でも紹介しています。

きのこは買ったら冷凍したほうがお得な理由

意外と怖い|エノキの生食に潜むリスク

プレビュー画像:©︎Twitter/shimako05
出典:©︎[email protected], chisou