特別な道具は必要なし|フロントガラスの氷を簡単に取り除く方法

気温が低下した朝など起こるフロントガラスの凍結。寒い地方の方は、解氷スプレーや、以前ちえとくで紹介した梱包用のプチプチを予め敷いておくなどして対策をしている方もいると思います。


暮らしに役立つ便利なライフハックや楽しい裏ワザはこちらの動画から!(記事の続きはスクロールしてご覧ください)

 


でも、うっかり前の晩にフロントガラスの凍結予防をするのを忘れてしまったり、最近のような急な寒気によって普段は凍らないのに、朝車を使おうとしたらフロントガラスが凍ってしまっていた、という時におすすめな方法があるのです。解氷スプレーもガリガリ氷を削る必要もありません。

その方法がこちらです!

ツイッターユーザーのキャマノンディアスさん(@suwatarino)が紹介したこの方法によると、レジ袋にぬるま湯(水道のぬるま湯、40℃くらい)を入れてフロントガラスをなぞるように移動させるだけ。

[email protected]

慌てて熱湯を掛けると、温度差によりフロントガラスが割れてしまう可能性があることや、火傷の可能性、そして外の気温があまりに低い時は掛けたお湯が再凍結してしまう可能性があるのですが、ビニール袋ならその心配がありません。また、フロントガラスが斜めになっているの、ぬるま湯を入れた袋がしっかりフィットしてくれ、効率よく広範囲の氷を溶かすことができます。

[email protected]

キャマノンディアスさんによると、解氷スプレーも便利ですがデメリットもあるとのこと。

この方法なら特別な道具もいらないので、朝起きたらまさか凍ってしまっていたという時にも便利ですね。平年よりも寒いと言われる今年の冬。年末に起きた大雪による関越自動車道での車の立ち往生も記憶に新しく、雪対策をしているという方も多いことでしょう。雪対策や寒さ対策、しっかりとしていきたいですね。

雪対策、寒さ対策の記事は以下でも紹介しています。

プレビュー画像:©︎Twitter/suwatarino

出典

[email protected]MOBY, プレビュー画像:©︎Twitter/suwatarino

コメント

おすすめの記事