【キッチンから世界一周】おうちごはんレシピ12選

外出自粛で、なかなか海外旅行の計画がうまく立てられませんよね。この機会に今までにやったことのないレシピに挑戦してみませんか?今回はキッチンにいながら世界一周気分が満喫できる、おうちごはんの12つのレシピを紹介します。旅費を節約しながら、ホリデー気分を楽しみましょう。パスタやタパスも、思っていたより簡単にできますよ。

1. パン・オ・ショコラ

「パン・オ・ショコラ」とはフワフワでしっとりしたクロワッサンの生地にチョコレートを包み込んで焼いたパンで、フランスでは朝食の時によく食べます。フランスの南西部やカナダでは「ショコラティーヌ」とも呼ばれています。このレシピではバターを押し伸ばして、生地から全て手作りでホッカホッカに焼き上げます!

French Chocolate Croissants (Pain au Chocolat)

2.〜3. 手打ち生パスタ

家庭で生パスタというと難易度が高いように思われますが、実際にやってみると意外と簡単。 製麺機がなくても、誰でも家で気軽に挑戦できます。手打ちの生パスタのモチモチ感はやみつきになる美味しさです。お気に入りのソースを合わせれば、自宅で本格イタリアン料理が楽しめます。

Italian Pasta

4. インド風カレーとナンボウル

家庭でもナンが手作りでできるか、フライパンで焼いてみました。フカフカの出来立てナンだとボウルの形にできることも発見!インド風カレーとともに作ったレシピを紹介します。

Chicken Curry Naan Bowls

5. ブラジル風コロッケ

コシーニャは大変人気のあるブラジル料理で、ブラジル風コロッケとも呼ばれています。今回のレシピはただ単にコシーニャを作るだけでなく、超巨大バージョンをケーキのように作ってみました。揚げ物の形が鶏のもも肉に似ているので、もともとポルトガル語で「腿」を意味するコシャ(coxa)が名前の由来だとされています。普通バージョンが食べたい人はしずく形の部分だけで作ってください。

Brazilian Coxinha Cake

6. タイのグリルチキン

タイで食べた味が忘れることができずに夢にも出てくる「ガイヤーン」。何のことかって?タイ料理のグリルした鶏肉、もしくはタイ風焼き鳥のことです。砕いたレモングラスを入れたマリネを絡めてグリルするチキンの香ばしさはたまりません。材料が揃えば本格的に作ったガイヤーンソースとともにどうぞ。このレシピは気合が入っているので、できれば炭火のグリルで焼いてください。美味しさのレベルが違います!

Thai Grilled Chicken

7. モロッコ風のラム鍋

モロッコなどでよく使われる蓋が山のように尖ったタジン鍋。これを使った本格的モロッコ料理を無性に作りたくなってしまいました。本格的とこだわるには、やはり肉団子をラムひき肉で作ります。ご近所のスーパーなどではラムひき肉は手に入りづらいと思いますので、ラム肉を包丁で細かく刻んでひき肉を作ってください!さらにラスエルハヌートというスパイスミックスを加えて独特の香りをつけます。このスパイスミックスは「店一番」という意味らしく、昔はそのお店によって違うものが売られていたらしいのですが、今では日本でも標準的なものが手に入るようです。北アフリカの雰囲気抜群!

Moroccan Lamb Tagine

8.〜10. スペインの小皿料理タパス

スペイン料理でもバルなどで特に人気があるのがタパス。このスペインの小皿料理を自宅で手作りしましょう。この本格的なレシピなら冷たいビールやワインもすすみます。ホムパなどでみんなでワイワイガヤガヤ楽しむ時にぴったりです。

Spanish Tapas

11. エンチラーダ

エンチラーダはトルティーヤにいろいろな具を詰めてチーズと辛いソースとともに焼くメキシコを代表する料理です。今回はチキンをメインの具材とし、やみつきになるカプサイシン全開の辛いソースをかけて作る簡単レシピです。

Mexican Chicken Enchiladas 

12. ミニお寿司

一口サイズのかわいいお寿司は子供も大人もみんなに大人気!お誕生日会でもパーティのメインにしても華やかでついつい手が出ます。しかも製氷皿を使って一気に大量生産可能なので、忙しい人にもぴったりな一品です。トッピングはお好みでアレンジしてみてください!

Japanese Sushi

見たことのないスパイスや料理名が異国情緒を感じさせてくれて、動画を見ているだけでも楽しいですよね。キッチン発の世界のおうちごはんレシピ、皆さんはどこの国に行ってみたいですか?

コメント

おすすめの記事